10/31(日)まほねこレガシー大会

予告どおり参加してきました。

 デッキは嫌いな《霊気の薬瓶》と《不毛の大地》のないデッキです。シンプルで使っていて楽しいので、今まででもかなりお気に入りで少し自信はありました。

 今回《火と氷の剣》と《遍歴の騎士、エルズペス》を使う予定でした。火と氷の方はお店で1800円で買うことができて、デッキに投入できました。しかし、友人から借りる予定だった、エルズペスさんは友人が「雨が強いから0回戦ドロップするわ」との連絡があったため使えませんでした。なので代わりに同じマナコストの《金切るときの声》で代用しました。

成績は1勝2敗1分けで8/10でした。
成績はあまり良くなかったけれど、面白い勝負ができたり、新たな発見、課題が見つかったので得るものは大きかったです。

では以下詳細。
1回戦 VSランドスティルby京都の人 ○ × △

1 《謙虚》がでて少し困るも早速《火と氷の剣》が大活躍してくれてクリア

2 途中《梅澤の十手》と《火と氷の剣》を出す順番を間違えて結局火と氷をおとりに十手を出すことに…装備してダメージが通っても最終的に生物を全て裁かれて負けました。やはり火と氷の方がアドバンテージが大きいのでこちらを優先すべきだと後悔。

3 2が終わった時点で時間切れなので引き分け

2回戦 VSロームby穏やかそうな人 × ○ ○
1 《忘却の輪》で《突撃の地鳴り》を裁くも、もう一枚出てくる。《石鍛冶の神秘家》から火と氷を持ってきて装備に成功するも、そのまま《浄土からの生命》 で土地を回され本体を焼かれる。

2 速攻ビートで勝ち。具体的には《幽体の行列》を連打。《壊滅的な夢》が怖かったけど、無くて押し切りました。 

3 墓地対ハンドをキープ。途中《大祖始の遺産》を《破壊放題》で壊される。引いてきた生物を展開して《セラの報復者》と《闘争の学び手》、さらに《火と氷の剣》の展開に成功するも《壊滅的な夢》X=3でこちらの生物は全滅。場には4/5のタルモゴイフが。どうにか土地と報復者を引き込み、装備に成功。後はそのまま殴って勝ち。

3回戦 VSいわゆる新地平線byかっこよさげな人 × ×
以前BMの大会で対戦した人でした。そのときは《暗黒の深部》と《丸砥石》の二つのコンボが入っていたデッキでかなり驚いた記憶がある。
今回再び対戦できた。個人的にはかなり熱い対戦ができて今日1番のよい勝負でした。結果だけ見るとわかりませんが…
1  初手に《賛美されし天使》がなんと2枚!これは出せという天啓が下ったと解釈してキープ。うまく展開して天使に火と氷を装備するまでいく。その間も相手は《聖遺の騎士》とか展開して怪獣大決戦みたくなる(笑)。これはダメージレースでもアドバンテージでもうまくいったと思ったのが駄目だった。天使を守ってた《ルーンの母》や《運命の大立て者》をまとめて《仕組まれた爆薬》で流される。そのあと《剣を鋤に》で天使をやられて相手の怪獣に押し切られました。

2  とりあえずサイドから墓地対策を投入。初手が土地2枚で大立て者とか学び手というハンド。どうにかなるだろうとキープ。《炎渦竜巻》や《仕組まれた爆薬》でひたすらアドバンテージをとられる。確か計4回。但し相手も騎士を出してこず少し長引く。最終的にはでかくなった《タルモゴイフ》7/8にやられましたとさ-完-

 試合後聞くと、爆薬4枚入れていたとか…辛いな
 この試合を通じて感じたのは相手のフェッチランドを使った各種サーチカードが鬱陶しかったこと。前々からこういうデッキを相手にしているときに感じていましたけど、あんまり鬱陶しいのでちょっと《エイヴンの思考検閲者》を試してみようかな。やっぱり瞬速だと相手は計算が狂うはずなので。

4回戦 《風景の変容》デッキby眼鏡と帽子つけてた人 × ○ ×
1  大立て者しか生物いなかったけど、土地多めで最終形態に行けそうなハンドをキープ。相手は緑マナで1/1で墓地に落ちたら互いに基本土地を2枚場に出す 効果の生物を展開。することないのでアタックしてお互いマナが潤沢に。相手はキーカードが来ないようで長引くも最終的に《風景の変容》でヴァラクートがでてきて負け。

2 今度は《鞭縄使い》であの子をタップしつつ普通にビートしてクリア。

3 天使でアタックするも相手のコンボがきまりまけ。
特にサイド後入れるカードもなかったのでやはりエイヴンを使えということかしら。

お店で《審判の日》が400円で売ってたけど、これってかなり安くないかな?《神の怒り》だと安くても1000円はしていたと記憶しているけど。

 今回の大会では成績は良くなかったけれど、《火と氷の剣》はやはり《梅澤の十手》より強い場面が多くてかなりよかったということが確認できた。サイドが詰め切れていなかったので、いっそのことANTは切ってそれ以外に勝てるようにするとかタルモ用に遺産を増やすとかしても良いかもしれない。後は多色デッキメタでエイヴンを試してみるとか。
 このデッキはお気に入りで《賛美されし天使》まだまだ使い倒したいのでしばらく使い続けてみようかと思います。
以上大会レポートでした。書き方が汚くてたぶん見辛いので他の大会レポートを参考に精進します…
 今回はあまりよい成績でなくて恥ずかしいので秘密にのみデッキを公開しておきます。

土地 23
平地 22
トロウケアの敷石 1

クリーチャー 26
ルーンの母 4
運命の大立て者 4
闘争の学び手 4
セラの報復者 2
鞭縄使い 2
石鍛冶の神秘家 2
賛美されし天使 2
幽体の行列 4
金切るときの声 2

スペル 11
剣を鋤に 4
忘却の輪 3
梅澤の十手 1
火と氷の剣 1
清浄の名誉 2

サイドボード 15
トーモッドの墓所 1
大祖始の遺産 2
悟りの教示者 2
アメジストのとげ 2
エーテル宣誓会の法学者 2
マナの税収 2
真髄の針 2
茨の騎士ティヴァダール 2

自分用メモ
《闘争の学び手》が出ている状態で唱えた《清浄の名誉》が打ち消された場合、《炎渦竜巻》があると疑おう

コメント
たま たま2010年11月1日11:08
火と氷の剣は病みつきになりますよねw
爆弾はどうしようもないので針増量とかが楽に効果的かもしれないですね~
グリクマン@絶賛休業中 グリクマン@絶賛休業中2010年11月1日16:52
>ひ
おお~、これはかなり参考になりますね。
でも今の環境ってサイドの1番下のにまで頼る必要がある環境なんですか?
イエネコ イエネコ2010年11月2日2:28
遅れてすみません
>たまさん
《火と氷の剣》は《セラの報復者》につくと天使だけど鬼のように強かったです(笑)。
やはり針の増量が一番妥当ですよね~。プレイングでうまくマナコストをばらすように展開したり、《清浄の名誉》や《運命の大立て者》のパンプを駆使して火力を回避するなども今後の課題です。

>ブラック青赤マンさん
ご指摘くださったのはゴブリン対策の《茨の騎士ティヴァダール》ですね。赤対策はゴブリンの他にも、《炎渦竜巻》が入ったものや赤型スレッショルド、Zoo、バーンといったデッキが想定できます。しかし、バーンとゴブリン以外は赤以外に生物がいるなどあまり有効でないことが多かったです。それとバーンは絶対数が少ないので、ゴブリンに的を絞ってサイドを当てました。

今まで赤対策として他に《銀騎士》《ブレンタンの炉の世話人》《崇拝》《赤の防御円》《絶対の法》《真紅の見習い僧》といったものを試してきました。ゴブリンの特徴として数がたくさん並ぶ点があり、単体のプロテクション赤持ち生物では押し切られることもしばしばありました。その点ティヴァダールは出た時点でロードや《ゴブリンの群衆追い》など決定的なカードに対処でき、またブロッカーとして牽制することでかなり余裕を持ってゲームを進めれる点が魅力的です。前回出場した大会でゴブリンと当たった時もこの子で勝ったようなものでした。

なのでゴブリン対策するならキスキンデッキや《イーオスのレインジャー》など他のシナジーを形成しないならこの子がお勧めです。赤系全般に対応したいなら《真紅の見習い僧》が残りの赤系除去をほぼ全て止めれるのでお勧めです。全体除去の《神の怒り》や《謙虚》もゴブリン対策の検討に値しますが、コストが重いのと神の怒りの場合、《ゴブリンの首謀者》で後続を引き込まれるとすぐに立て直される点、置物系は相手によってはサイドから《クローサの掌握》で破壊される恐れがあるのでいまいちだと思い実際には試していません。持っていないのが本音ですが(笑)。
イエネコ イエネコ2010年11月2日2:54
後で自分で読み返すとただ長々と書いてるだけで、答えになっていませんね(苦笑)。

結論から書くと、頼る必要があると私は思っています。
関西では30人以上の規模の大会になると2~4人ほど使う人がいて上位に入賞することもしばしばあります。また先日関東で行われたエターナル・フェスティバルでも245人参加で12人が使用で、今回は入賞こそしなかったけれど使用分布の4位に位置するなど大きな大会になるほど、また上位に進むほど当たる可能性はあがります。

また甘くみると速攻があるので返しでいつでも盤面をひっくり返される可能性があることを私は痛感しました。なので徹底的に対策するくらいで丁度よいと思います(笑)。
たま たま2010年11月2日10:33
ティバダール、Tivadar’s Crusadeより良さそうですね。
倒したうえにプロテ赤が残るのがすごくよさそう!
イエネコ イエネコ2010年11月2日19:26
最終的には相手のライフを0にしないと、後半はいつ大量展開されてもおかしくないので殴れるのは重要ですね。

次の参加予定大会

明日のまほねこの大会に参加しようと思います。

使うデッキは新しく作った白ウィニーでいくつもりです。

足りていないカードとして 遍歴の騎士、エルズペス2 と火と氷の剣1 があります。
エルズペスさんは友達に借りるとして、問題は火と氷の剣。 このままだと、普通に追加の梅澤の十手になりそうです。

まほねこで売っていれば現地調達するけれど、なかったら困ります(笑)。夏休みに行ったときはシングルの販売なんかやっていなかったので、絶望的ですがね。

なので、もしこの日記を見ていてなおかつ、まほねこの大会に参加して貸して頂けるという優しい方はご一報くださるとたいへん有難うございます(笑)。

謝礼は、上位入賞できれば賞品の一部からさせて頂きます!言い換えれば、上位に入れ無ければ何も出ませんが…。

お買いもの

 ヤフオクで落札したカードが届きました。
今回落札したカードは白い悪魔との異名もある《賛美されし天使》です。ヤフオクで値段を見ていたら安かったので落札しました(爆)。
 
 英語と日本語の各1枚ずつで、値段はその他含めて1700円でした。お店だと普通に1枚2000円くらいなのでかなりお買い得でした。

 昔のエクステンデッドの白ウィニーで使われていて、憧れのカードだったので嬉しいです。うまく使えるようにデッキを組みたいと思います。一時エンジェルストンピィをプロキシデ使っていてこの子一枚で劣勢から勝ったくらいでとても強かったと認識してます。

 後は《火と氷の剣》を1枚用意すれば一応考えているデッキが完成するので揃えたいです。しかし1枚2000円くらいするので少しためらってしまいます…。

 他には昨日ゲームソフトを久々に買い物をしました。今回購入したのは《スーパーマリオコレクションスペシャルパック》です。駅前のわんぱくこぞうで大学の帰りに購入しました。定価2500円でしたがポイントを使ったので850円でした。
 
 小学校のときにSFC版を遊び倒してまだ実機でもっていますが、今回はサウンドトラック目当てととお祝儀の名目で購入しました(笑)。任天堂が公式でマリオの効果音を出してくれているのは珍しくて、今後何かの動画とか作る機会があったら役立ちそうなのでとりあえずキープしました。公式のサイトhttp://www.nintendo.co.jp/mario25th/index.htmlで知らない裏技てきなものがたくさん載っていて驚きです。しばらくやらずに置いておくことになりますが、時間ができたら試してみたいです。
 
 ただ喜んでお店で買ったのは良いけれど、そのまま袋ごと自転車のかごにいれたのは失敗でした。おかげで少し箱に傷がついてしました。なので今後はゲームを買ったら鞄にいれて大事に持って帰ることを心に誓いました(笑)。

 いつもなにか日記が見辛く感じていたので、今回は改行をするときに一行スペースを入れてみました。見やすくなるかな?

 もう一つ失敗したことが。
 今日は大学で就職講演会があってスーツで来るように言われてきて行ったけど、ベルトを忘れてしまった。
 ズボン自体はぴったりでベルトはなくても着る分には困らないけれど、知り合いに指摘された。なぜだめなのか聞くと『就活7点セットだから』とのこと。靴下が白はだめなのと似たような理由かしら…。
 次回からは気をつけよう…。

お買いもの

 本日ヤフオクで落札した《闘争の学び手》2枚が無事に届きました。
 以前から、注目していましたが《運命の大立て者》と効果が似たりよったりで買うまでもないかと思っていました。しかし、エクステンデッドの大会で殿堂白単が優勝してから改めて注目して、プロキシで試すと、少ない土地で最終形態に行ける点とマナの効率の点から《大立て者》よりも優秀な場合が多いことに気づきました。
 《大立て者》の場合平地3枚を確保するのが《リシャーダの港》との併用する上で困難である一方、《学び手》はこの状態から最終形態が秒読みなのが一番の違いと思いました。
 前回http://uonosa.diarynote.jp/201009110217134746/のBMの大会の時点で2枚既に購入済みだったので、この機会に4枚に揃えました。お値段はその他もろもろ込で980円でした。今1枚あたり700円くらいしていたのでいい買い物ができました。

 私がなんとなく好きでない《霊気の薬瓶》と《不毛の大地》を使わない、割と伝統的な白ウィニーよりのデッキを構想していて、そのデッキにも使う予定です。まあ殿堂白単と似たような構成になるでしょうが(笑)。もう一つ落札したカードがありますがまだ届かないので、届いたらまた日記を更新しようかと思います。

 以前http://uonosa.diarynote.jp/201008140103593730/、《Maze of Ith》を購入しました。あのカードはプロキシで使い倒した上での購入だったので長く使うかなと思っていましたが、そんなことはありませんでした(笑)。普通に平地かミシュラランドでよかったです。ビート相手にはそもそもあのカードに頼らなくてもなんとかなっていたり、あっても不毛で割られたりして意味がなかった。むしろ《相殺》や重コントロール用に打ち消されないダメージソースが必要だと気付きましたorz。

 今後使う場面が想像できないので、宝の持ち腐れになりそうです…。

コメント
たま たま2010年10月22日11:24
《闘争の学び手》強そうですよねー
珊瑚兜の強さに目覚めてから結構気にしているクリーチャーです。
1マナで出てくるのはえらい。
イエネコ イエネコ2010年10月22日23:20
珊瑚兜は単体でもかなり強いです。青白のフィッシュで使ってみようかと考えるに値する子だと思います。青はクリーチャーが貧弱だったけれどこいつは別です(笑)。

学び手もいい子ですけど、競争が激しいので今までなかなか気付かなかった。たぶん《ルーンの母》と一緒に今後の白ウィニーの定番カードになると思います(笑)。

近況報告

公式のGrand Prix Sydney 2010で
http://www.wizards.com/Magic/Magazine/Article.aspx?x=mtg/daily/eventcoverage/gpsyd10/welcome
赤白ビートが優勝したと聞いて見に行ったら、ドラフトでの大会でしたorz。

 ここのところ更新していなかったので、一旦近況報告でもしてみます。
 MTGはしばらく殿堂白単をレガシー用に手入れして、友達と対戦していました。しかし、爆発力はあるものの《ステップオオヤマネコ》は腐ることが多く、ゴブリン相手にも相手の《ゴブリンの従僕》を止めきれないといまいちな印象…。まあしかたがないのですが。その一方、余裕のあるマナを見越して入れてみた《火と氷の剣》が思いのほか強くて新しい発見でした。(ちなみに全部プロキシ(代理カード)です)

 今のメインのデスタクシーはなんとなく打撃力が足りなくて物足りないなあと感じていました。なので、しばらく投入して様子をみています。あと、《時代寄生機》が浮き沈みがあってどうにもいまいちな印象だったので、いろいろこのスロットを調整しているところです。

 やはり私の中では8/15のマツバガニさん
(勝手に名前をだしていいのかわからないのでもし問題あればご指摘ください)
との対戦http://uonosa.diarynote.jp/201008170012376459/が印象に残っていてそれを意識した構成にしていくことになりそうです…
 最近はプロプレイヤーの斎藤友晴さんがマーフォークで大きな大会で優勝して以来上位でよく見かけるようになりましたし…今後も注意が必要です。
私の場合マーフォーク相手はもう《珊瑚兜の司令官》が残るか残らないかが勝負の鍵になります。うちの《セラの報復者》はでるのが遅くてダメージレースに間に合わない。序盤の4/4飛行はどうにもなりません。除去しようにも、うまくカウンターされるとあの子一体で負けます。以前は《ルーンの母》で地上を止めて、空から攻めればOKだったのですが、今はそうはいきません。なので、珊瑚兜がでてくると背筋が凍る思いです。
 後はこちらの《剣を鋤に》を華麗に打ち消す《呪文詰まりのスプライト》、《忘却の輪》、《石鍛冶の神秘家》を打ち消す《もみ消し》など気が抜けません。今後対戦する時はこれらのことに気を配りながらのゲームの進行が望まれます。

 しかし、あいかわらず当分は大会にでる予定はなく、MTGは家でちょっと動きをみてみたり、休日の午前に友達と対戦するくらいになりそうです。でももし去年みたく大阪でエターナルパーティーみたいのやるなら参加したいです!

 あとはMTG以外では9月からつい先日まで ブレスオブファイアⅣをやっていました。このゲーム、珍しくカプコンのRPGでシリーズは1~5まで出ています。12はSFCで34はPS、5はPS2のゲームです。私は1と3をプレイ済みでちょっと温かみのあるグラフィックと少し重めのテーマが気に入っていて4と5を買いだめしていました。なのでこの機会に4を消化しました。プレイ時間は約60時間。トラウマになりそうな衝撃のシーンもあり、戦闘システムも新鮮で好きなのですが、少し物足りなく思いました。
 本当はゲームなんかやっている場合ではないのかもしれないけれど…。

 ぐだぐだですが最後にミラディンの傷跡で気になるカードを書いてみます。
《きらめく鷹》:とうとう1マナ2/2飛行も登場ですね。昔同じサイズの子はいたけれどあちらはエンチャントがないとだめとかだったので運用は厳しかった。しかし、こちらはうまくシナジーを形成できればいけるはず。

《回収の斥候》:《再誕の宣言》デッキで《砂の殉教者》と一緒に悪さできそうな子です。あのデッキはマナが比較的たくさんでるので、《精神隷属機》や《ネビニラルの円盤》とか使い回せたりできて強そうです。

《レオニンの裁き人》:《エーテル宣誓会の法学者》(←長い…)みたくコンボに効きそうなカードです。相手のフェッチランドに対して《霊気の薬瓶》から出せれば強そうです。但し、そこまでして後半になると《熊人間》になるカードをいれると考えると私は迷います。

《王の摂政、ケンバ》:装備品の扱いに関しては1つの結論を私は出しています。それは強い子に強い装備品を付けるのが最も応用がきいて強いということ。この子にそれを越えるだけのポテンシャルがあるとはまだ思えない。けれど、伝説のクリーチャーであることは《karakas》の価値を上げてくれるのでいいことです(笑)。

《漸増爆弾》:帰ってきた《火薬樽》。このカードは単色でも使える全体除去なので、2枚ほどとりあえず持っておきたい。しかし案の上1600円くらいと高額なので手がでない。

とりあえず今回はこんなところで、書いている間に日付が変わってしまって残念です(笑)。次の更新がいつになるかわかりませんが…。大会にでればとりあえず書くネタには困らないのですが。また忙しくなるかな。
では失礼します。

コメント
たま たま2010年10月12日12:49
SFCのゲームは良いですよね~。
ドット絵も良いし、想像力も掻き立てられます。

自分も最近ロマサガ3ばっかりやってますw
イエネコ イエネコ2010年10月12日23:23
おお!ロマサガ3ですか!たしかWiiのVCで先月配信されたのでしたっけ。

確か小学生のころゲーム序盤にアルジャーノンに勝てなくて投げ出したのもいい思い出です。(高校生になって攻略サイトみつつクリアしましたが笑)

3の100年前が2の聖王の物語、さらに100年前が1の魔王の物語と思っていました。シリーズ通してストーリーがつながっているとずっと思っていましたが、友人に指摘されて違うことに気づきました。(爆)