店評☆5: 晴れる屋 横浜店 | 横浜で一番のMTG専門店

概要

  • 店名: 晴れる屋 横浜店
  • 住所: 〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町1-2-4 神谷ビル 2F
  • HP: https://www.hareruyamtg.com/ja/shoppage/yokohama
  • 最寄駅: 東急東横線横浜駅 徒歩5分
  • 日時: 2019-12-22 Sun 12:00
  • 評価: ☆5
  • URL: https://mtg.senooken.jp/post/2020/06/11/

晴れる屋 横浜店は日本最大のMTG専門店の晴れる屋の初の横浜店となる。2019-12-19 Friに開店したお店だった。

12月で新横浜での勤務を終えるため,開店直後の2019-12-22 Sunの昼間に開店記念大会参加目的で訪問した。

なお,店内写真は店員の許可を得て撮影している。

写真

外観1
外観2
外観3
店内1
店内2
店内3
店内4
店舗外観

評価

横浜駅徒歩5分程度のアクセスであり,ファミリーマートの2Fに位置している。入り口がややわかりにくいが,道路の裏側から入店する。

中に入ると,店内入り口すぐ隣にレジがあり,ショーケースにカードが陳列されている。店内プレイスペースは58席とけっこう広く,ベランダで喫煙も可能なようだった。

開店したばかりで店内はきれいで,女性店員がいたのにやや驚いた。

お店の品揃えは,まあまあだった。晴れる屋の支店では在庫は支店ごとで管理しているため,晴れる屋トーナメントセンター東京に比べると品揃えが劣るのはしかたない。代わりに,商品は店内パソコンから検索でき,効率よくカードを探せて快適だった。

その他,プレイヤーとして重要な大会の開催だが,こちらは他の晴れる屋のお店と同じく平日でも夕方から大会が毎日開催されておりとてもよかった。

また,晴れる屋共通であるが,平日や休日の定例の大会は参加するだけで100円商品券がもらえるのも,弱小プレイヤーにとってありがたい。

立地,品揃え,大会開催頻度,座席数。どれをとっても横浜では一番のお店だった。

肝心の訪問時の参加大会は無念の全敗だったが,ほしかったカードを安く購入できたので,悪くなかった。

結論

横浜での晴れる屋の初の支店だった。晴れる屋というMTG専門店が,国内では最高レベルのお店であり,横浜店も期待通りのよいお店だった。

横浜にはこの他に既に評価した以下の2店がある。

店内の落ち着き具合や常連などはMTG Shop 信心亭が勝る部分もあるかと思うが,それ以外は晴れる屋 横浜店のほうがよいと思った。特に大会参加時に参加賞をくれるところが大きい。

ブログ等で晴れる屋 横浜店の大会の参加報告を全然見ないが,駅からの距離も大差ないため,こちらに参加すればいいのにと思う。カードショップの密集地帯から離れるのが原因だろうか。

横浜でMTGするならば,万人にお薦めできる横浜で一番のお店だった。

店評☆4: MTG Shop 信心亭 | 横浜の古き良きMTG専門店

概要

  • 店名: MTG Shop 信心亭
  • 住所: 神奈川県横浜市西区南幸2-16-22 金属ビル9F
  • HP: https://sinjintei.diarynote.jp/, https://twitter.com/sinjintei
  • 最寄駅: 東急東横線横浜駅 徒歩8分
  • 日時: 2019-12-25 Wed 19:00
  • 評価: ☆4
  • URL: https://mtg.senooken.jp/post/2020/06/08/

信心亭は2015年から営業している横浜の地域のMTG専門店だ。

前回報告した「MINT横浜店」のすぐ近くにあり,横浜地域民御用達のお店のようで,以前から存在を知っていた。

2019年で新横浜での勤務が終わるということで,平日夜間に記念に立ち寄った。

写真

建物1
建物2
表札1
表札2
表札3
外観
店舗外観

評価

金属ビル9Fに居を構えている。一見すると,地味なので気づきにくいかもしれない。なお,すぐ近くの建物にアメニティードリームがあり,こちらもMTGの販売をしている。ただし,大会や対戦スペースは用意していない

店内はゆったりとしたスペースとなっており,32人分くらいのプレイスペースがあった。

MTGの取り扱いは,店頭のショーケースにシングルカードが並べられていたり,ストレージにカードが並べられている感じだった。バインダーや検索システムはなく,目当てのカードは少々探しにくかった。ただ,MINT横浜店に比べると品揃えはよく感じた。

大会の告知はおそらく公式ホームページのDiaryNoteでなされている。その他,店内に近隣の他店での大会予定も貼り出されており,親切だと感じた。個人的にはDairyNoteなんかじゃなく,ちゃんとしたホームページを作ったほうがいいのではないかと思っているのだが…

全日,ヴィンテージとドラフト以外のフォーマットで何かしらのDCI公認大会が開催されている。平日は19:00開始の参加費500円で,休日は13:00開始の参加費1000円となっている。

レガシーは水曜日と金曜日の他第4土曜日に開催されている。平日の閉店時間が22:00ということで,平日も3回戦の対戦ができる。

平日の大会では概ね2勝以上の参加者に賞品としてカードが配られていた。

プレイスペースは利用料がかかるため,大会参加目的で立ち寄るのがよいだろう。

こちらのお店での参加報告は以下に掲載している。

実際に大会に参加した感想としては,地域のお店ということで常連がおり,良くも悪くも身内感があった。平日夜間の開催であるが,16人程度の参加者が参加しており,参加人数も安定しているように感じた。

今までは高田馬場の晴れる屋トーナメントセンターによく通っていた。こちらは大型店というのもあり,あっさりしていた。一方,信心亭は地域のお店ということでアットホームな感じだった。店員と客,客同士の距離が近く感じた。

子供の頃,MTGを始めたての頃に通っていた地元のお店を彷彿とさせるようないいお店だった。

結論

横浜の地域のMTG専門店だった。

ゆったりとしたプレイスペースで,古き良き地域のカードショップという印象だった。

多くのフォーマットで毎日大会を開催しており,素直にいいお店だった。個人的には,シングルカードのバインダーや検索システムがあればなおよかった。

横浜訪問時には大会参加目的で是非訪問したいお店だった。

店評☆3: MINT横浜店 | 横浜のVIVRE内に構える地域カードショップはレガシー勢には通いにくい

概要

  • 店名: MINT横浜店
  • 住所: 神奈川県横浜市西区南幸2-15-13 横浜ビブレ8階
  • HP: https://mint-web.jp/?pid=4245019, https://ameblo.jp/mintyokohama/
  • 最寄駅: 東急東横線横浜駅 徒歩8分
  • 日時: 2019-01-07 Mon, 2019-12-23 Mon
  • 評価: ☆3
  • URL: https://mtg.senooken.jp/post/2020/03/18/

以前予告した通り,店評の投稿を始めた。

記念すべき第1回は2019年に最初に訪問したMINT横浜店だ。こちらのお店はGoogle Mapでの口コミを受け付けていなかった。

なお,話が変わるが表示名を変更した。

写真

建物名札プレイスペース
外観
店舗外観

評価

神奈川県の横浜駅近くに何店か存在するMTG取扱店の1店だ。

横浜ビブレという大きなビルの8Fに出店している。

過去に2回訪問しているのだが,初回訪問時は建物の入り口がよくわからず戸惑った記憶がある。エレベーターを使って8Fに上がるのが無難だ。

MINTは日本最大級のスポーツカード専門チェーン店で,その横浜店がこのお店となる。スポーツカード専門店とある通り,MTGの他にスポーツカードやアイドルカードなどがお店の1/3から1/2ほど占めていた。

奥に24人程度着席可能なプレイスペースがあり,机の上にプレイマットが敷き詰められていたのが印象的だった。お店の半分はスポーツカードだったが,奥の残り半分はMTGの空間が広がっている印象だった。

肝心のMTGの取り扱いは,店頭にシングルカードが並べられていたり,ストレージにカードが並べられている感じだった。バインダーや検索システムはなく,目当てのカードは少々探しにくかった。

大会の開催は,月曜日に19:15から参加費200円のカジュアルレガシー (2回戦) がある他,平日は毎日パイオニア・スタンダード・モダンなどの大会が開催されている。土日に関してはレガシーの取り扱いがない代わりに,スタンダード・パイオニア・モダン・ドラフトなどの大会が開催されている。

閉店時間が21:00の都合,月曜日のカジュアルレガシーは2回戦までしかなく,土日の開催もないということで,レガシー勢としては少々通いにくく感じた。

2019年1月から新横浜勤務となったため,2回ほど大会参加のために訪問した。そのときの報告はいかに掲載している。

結論

横浜駅近くのカードショップだった。

プレイスペースにプレイマットが敷き詰められており,お店の半分はスポーツカードだが,奥の半分はMTGという目新しいお店だった。

スタンダード,パイオニア,モダン勢は土日にも大会があり悪くないだろうと感じた。

しかし,レガシーの大会は月曜日しかなく,しかも2回戦しかできないというところで,レガシー勢としては少々いまいちに感じた。

レガシーをするなら,すぐ近くの信心亭や晴れる屋横浜店に通ったほうがよいだろう。

その他,シングルカードの取り扱いもいまいちぱっとせず,上記もふまえて全体的にいま一つ物足りない印象だった。

告知: 店評の投稿開始

概要

今後,記事の一環としてカードショップの店評 (お店の感想) を投稿していこうと思う。

このサイトは自分のMTGに関する活動の全てを記録していこうと思っている。その一環として,今までも購入報告や大会報告,カード評価を記録している。

これらに加えて,実際に自分が利用したお店や訪問したお店も大事な記録だ。1ユーザーとして,知り合いがおすすめするお店は気になるところであり,自分が知らないお店であれば,一度は訪問してみたい。

そこでこれらのカードショップの利用記録として,店評を記録していこうと思う。

別サイトで既に書評食評を記録している。

これらと同じようにフォーマットに従って,店評を作成していこうと思う。

食評ではGoogle Mapsのローカルガイドにも投稿しているのだが,地味に閲覧者が多く,参考にされているらしい。実際自分が本やレストランを利用する際も他のユーザーの意見は参考材料となる。

また,投稿のネタがやや尽きてきたので,投稿のバリエーションを増やすという意味でも悪くないと感じた。

形式

店評は,書評や食評と同じように以下の形式で作成する。

# 店評☆: 店名 | タイトル

## 概要
- 店名: 
- 住所: 
- HP:
- 日時: 
- 評価: ☆
- URL: //mtg.senooken.jp/post/2020/00/00/

## 写真

## 評価

## 結論

フォーマットに従って作成すると,見た目が整って,読み書きしやすい。

評価

店評というからには,お店 (実店舗) を評価する。こちらも書評や食評と同じく,☆1から☆5までの5段階評価を考えている。☆1が一番低く,☆5が一番高い。

基準は「雰囲気,接客,立地,品揃,レガシー大会,客入」などを総合的に判断する。例えば,晴れる屋トーナメントセンターはこれらを概ね全て満たしているので,文句なしの☆5だ。

評価はあくまで主観である。ただし,注意点として,自分はレガシープレイヤーなので「レガシー大会」の開催の有無が評価軸に入っている。MTGの花形はやはりスタンダードで,そこから下環境に行くにしたがって徐々に大会の取り扱いが少なくなる印象がある。そのため,自分にとってはレガシー大会の取り扱いは評価の重要な要素だ。

なお,通販はどうするのかという論点がある。通販は実店舗と異なるので,大会の有無の代わりにサイトの使いやすさ,還元率などが評価対象になるだろうか。

なお,こちらの評価は食評同様に,Google Mapsにもマルチポストしようと思う。どちらかというと,個人ブログよりもGoogle Mapsでの検索結果に表示されたほうがお互い有益だろう。

結論

カードショップの店評の開始を告知した。

Magic Onlineなどの電子ゲームをやっておらず,紙でしかプレイしていないので,自分の中では実店舗での大会参加が大きな比重を占める。

その実店舗の訪問記録,第一印象は自分にとっても読者にとっても意味があるだろう。

Widzards of the Coastやカードショップのような自分より大きな集団に対して,1ユーザーができることなんてたかが知れている。その中でも有効なのが,声を上げることだ。

悪いところや良いところをきちんと指摘する。一人ひとりでは非力だが,寄せ集めブロックのように,数が集まればそれは無視できない。無視できなくなれば,行動につながる。結局こうなることがお互いのためだと思う。

どれくらい続けられるか不明だが,新しく訪問したカードショップには店評を作成するようにしたい。