年間決算: 2019年 | 総額15万円から選んだカード5選

確定申告が完了し,2019年のMTG関係の支出が明らかになった。そこで,戦績報告に続く2019年の決算整理と,購入してよかったカード5選を紹介したい。

以下のカテゴリーの記事で報告した支出の総決算となる

決算

まず,2019年にMTG関係で使ったお金を振り返る。

総決算

  • 139,075円: シングルカード
  • 007,500円: 参加費
  • 004,172円: サプライ
  • 001,674円: 旅費交通費
  • 152,421円: 合計

金額は,通常の簿記と同じく,クーポン券などの値引き後の金額で,ポイント使用分は金額に含まれている。このあたりは,11月に受験した日商簿記3級で学んだ知識が役立っている。

2019年はMTGに約15万円費やした。内訳を見るとシングルカードが約14万円と大半を占め,継いで参加費の7,500円と続いた。

サプライは期間限定のポイントが余っていて購入した,「マジック:ザ・ギャザリング 25th Anniversary Chronicle【電子書籍】[ ホビージャパン ]」の3980円が大半を占めている。その他にはインナースリーブを2セット購入したくらいで,同じスリーブを使い回しており,サプライにはあまりお金をかけていない。

交通費は新宿-高田馬場間を徒歩で移動 (往復約330円) し,節約に努めたおかげで少なく抑えることができた。

だいたい毎月1.5万円ほどMTGに支出しており,趣味としてはこんなものだと思う。逆に,毎月1万円くらい積み立てれば,《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》や《裏切り者の都/City of Traitors》,《魂の洞窟/Cavern of Souls》のような高額カードにも手が出せると思うと,先に希望を持てる。

購入単価ランキング

1枚あたりの単価の上位を以下に掲載する。

  • 7,100円: 日1《厳かなモノリス/Grim Monolith》
  • 4,400円: 英1《虚空の杯/Chalice of the Void》
  • 3,880円: 英1《金属モックス/Chrome Mox》
  • 2,900円: 英1《暗黒の深部/Dark Depths》
  • 2,780円: 英1《Helm of Obedience》
  • 2,680円: 日1《護衛募集員/Recruiter of the Guard》
  • 2,500円: 英1《三なる宝球/Trinisphere》
  • 2,480円: 英1《古えの墳墓/Ancient Tomb》

《厳かなモノリス/Grim Monolith》は,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》からサーチして,2-3ターン目に4マナ出すために底値のタイミングで購入したのだが,その後実戦では使うことなく,バインダーの肥やしになってしまった。《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》を使うならば,チャンスあるのだが,その場合残り2-3枚の収集が必要になる。白単使いとしてあまり使い途がないので,どこかのタイミングで手放そうかと思う。

その他,白デプスやヘルムピースのパーツの他に,《虚空の杯/Chalice of the Void》,《金属モックス/Chrome Mox》,《古えの墳墓/Ancient Tomb》の今のデッキの必須パーツも並んでいる。

シングルカード

2019年に15万円支出した中で特によかったと思うシングルカード5選を紹介したい。

《古えの墳墓/Ancient Tomb》

まず外せないのが《古えの墳墓/Ancient Tomb》だ。

リベリオンで挑んだ年始の大会で,速度の遅さをわからされて2019-01-12にカードラッシュの通販で4枚9920円で購入したカードだ。

6年のブランクを経て,全体的なカードパワーの高さを感じ,休止前のデッキでは全く歯が立たなかった。

ロンドン・マリガンが導入され,環境の速度があがり,いかに序盤にパワーカードを叩きつけられるかが焦点になりつつある。

2枚引いた場合,ダメージが無視できないものの,単色使いとしてはこのカードはデッキの展開速度を高める上でも必須に感じる1枚で,購入してよかった。

《難題の予見者/Thought-Knot Seer》

続いて,《難題の予見者/Thought-Knot Seer》だ。復帰後に初めて対戦したエルドラージ・ストンピィに連敗し,ほぼこの1枚で負けた試合もあり,とても強いなと思い,購入したカードだ。

2019-01-12の《古えの墳墓/Ancient Tomb》の購入時に一緒に2枚1380円で購入し,2019-02-10に残り2枚をカードラッシュの秋葉原店で1460円で購入した。

緑や赤もそうだが,長年白で手札破壊するには,《外科的摘出/Surgical Extraction》しかなかった。手札破壊しつつ,4/4というゲームを決められるクリーチャーを戦場に残せるこのカードはやはり強い。

ストンピィデッキ御用達であるが,コンボデッキでも安全確認としても十分有用だ。このカードのためだけにでも,《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》を採用する価値は十分にある。

2ターン目にキャストできれば,高速コンボ相手でも間に合う。リベリオンに試験的に採用してみたが悪くなかった。今後の白ウィニーでの常連になりえるカードに感じている。

ちなみに,復帰してからエルドラージ・ストンピィとエルドラージ・ポストには数回対戦した中で一度も試合で勝ったことがない。次こそは今度はこちらの《難題の予見者/Thought-Knot Seer》で勝利したい。

《虚空の杯/Chalice of the Void》

《虚空の杯/Chalice of the Void》はそれだけで勝てる試合もあるくらいの強烈な効果を持つカードだ。

これまた,2019-01-12の《古えの墳墓/Ancient Tomb》の購入時に一緒に1枚4490円に購入し,晴れる屋横浜店の開店セールで2枚目を4400円で購入した。

当初は1枚しか所有しておらず,リベリオンに《悟りの教示者/Enlightened Tutor》で試験的にかさ増しして採用していた。その時から,スタイフルノートやエスパーコントロール相手に,《虚空の杯/Chalice of the Void》だけで勝てた試合もあった。

やはり,現在のレガシー環境はクロックパーミッションとコンボがそれぞれ1/3ずつ程度は占めており,それらに共に有効な《虚空の杯/Chalice of the Void》は必須に感じた。これらのデッキの1マナ呪文の連打以上の動きができないならば,おとなしくそれらを牽制する側に回ったほうが無難だろう。

白ウィニーとしては,《剣を鍬に/Swords to Plowshares》が使いにくくなるという欠点はあるのだが,《魂の洞窟/Cavern of Souls》もあり,それ以上の利点が大きく感じる。

最近は《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》がおり,このカードを念頭においた対策も取られてきて入るものの,それでもやはり有効だ。

《虚空の杯/Chalice of the Void》入り白ウィニーを今後も試していきたい。

《金属モックス/Chrome Mox》

このカードは復帰前からの憧れのカードだ。

2019-10-21にラクマで4枚1.6万円で購入した。

MTGでの初めてのモックスだった。

エンジェル・ストンピィやソルジャー・ストンピィの常連カードであり,《古えの墳墓/Ancient Tomb》と共に序盤のマナ加速に使われる。

手札の呪文を1枚消費するため,あまり引き過ぎると負けるのが少々ネックだ。また,有色呪文しか刻印できず,エルドラージに寄り過ぎると刻印するカードがなく,《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》のほうが嬉しい場面もあったりする。逆に,《金属モックス/Chrome Mox》のほうがありがたい場面もあるので,なかなか判断が難しい。

ただ,《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》は再録禁止なのもあり,1枚1万円以上する高額カードで,なかなかおいそれと手が出せない。

序盤の速度を上げるために,当分は3-4枚使い続けるだろう。

《爆発域/Blast Zone》

最後の5選目は2019年に発売された灯争大戦収録の《爆発域/Blast Zone》だ。

2019-05-05の発売直後にカードラッシュの通販で1枚790円で購入し,2019-11-03に同じくカードラッシュの通販で追加の2枚660円で,最後の1枚を2019-11-03にトレトクで1枚350円で購入した。

このカードが登場する前から,リベリオンでの除去に《漸増爆弾/Ratchet Bomb》を採用していた。《漸増爆弾/Ratchet Bomb》では,カウンターを増やす速度が遅く,《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》や《僧院の導師/Monastery Mentor》,プレインズウォーカーに間に合わないことが多々あった。

その点,《爆発域/Blast Zone》はプレイ時に即座に,《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》を除去でき,しかも打ち消されない。最近では《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》を確実に除去するためにも重宝している。

トークンや0マナカードに対応できないという欠点はあるものの,0マナカードはこちらも《虚空の杯/Chalice of the Void》や《金属モックス/Chrome Mox》で使っており,そもそも破壊したい場面はほとんどない。

正直発売前の情報の段階からこのカードは間違いなく強いと感じていたが,実際に使ってみてその強さを改めて感じている。

このカードが登場する前に,《砂漠/Desert》や《絡みつく砂丘/Grasping Dunes》を使っていたが,対応できるのはせいぜいタフネス1だ。それが,このカードはプレインズウォーカーや《罠の橋/Ensnaring Bridge》まで対応できる。最悪土地でもあるので,無駄にもならない。

特にデルバー系で使われる《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》,《戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanist》の両方に対応できるのがありがたい。《虚空の杯/Chalice of the Void》の展開前に展開されたカードに対応でき,うまく相互補完できている。

《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》と《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》がいる限り,当分は3-4枚採用し続けるだろう。

結論

以前の年間戦績に続いての決算整理報告を行った。

前々からまとめたいと思っていたのだが,独立後初の確定申告に思っていた以上に手間取り,遅れてしまった。

1年間でMTGに使ったお金がわかり,そして購入したシングルカードを振り返ることができ,整理しながらいろいろあったなと懐かしかった。

特に,2019年1月に購入した《古えの墳墓/Ancient Tomb》,《難題の予見者/Thought-Knot Seer》,《虚空の杯/Chalice of the Void》はその後も長く使っており,いい買い物だった。

2020年はもう2月の後半に差し掛かっている。既に,《虚空の杯/Chalice of the Void》,《虚空の力線/Leyline of the Void》,《魂の洞窟/Cavern of Souls》という,2020年の5選候補となりえるカードも購入している。

2019年は6年越しの復帰の最初の1年ということもあり,洗礼を浴びた1年だった。ただ,負けながらも手持ちカードも充実してきて,デッキの完成度,環境や課題の理解も深まってきている。

2020年もいいカードを購入し,デッキの完成度を高め勝ち越せるようにしていきたい。

年間戦績: 2019年 | 6年振りのMTGレガシー復帰後の洗礼を浴びた1年

少々遅れてしまったが,2019年の戦績を振り返りたい。

2019年は,2018年09月に「25th Anniversary マジック:ザ・ギャザリング展」に感化されて6年ぶりに復帰した復帰最初の1年となる。

戦績

まず,戦績を掲載する。

合計

消化試合

  • 不戦勝: 05
  • 不戦敗: 15
  • 合計: 20

実試合

  • 勝ち: 19 (31.15 %)
  • 負け: 40 (65.57 %)
  • 分け: 02 (03.28 %)
  • 合計: 61

参加大会: 25回

デッキ別

リベリオン

  • 勝ち: 14 (38.89 %)
  • 負け: 21 (58.33 %)
  • 分け: 01 (02.78 %)

エルドラージ

  • 勝ち: 03 (20.00 %)
  • 負け: 12 (80.00 %)

デプス

  • 勝ち: 02 (20.00 %)
  • 負け: 07 (70.00 %)
  • 分け: 01 (10.00 %)

考察

大会参加が25回で,5月までで17回,それ以降で8回の大会参加だった。6月以降は仕事が忙しくなってきたのもあり,大会への参加自体も落ち込んだ。

2019年は合計61試合対戦し,勝ちが19回で全体の戦績としては,勝率31 %と低い結果に終わった。

復帰開始1年目で6年のブランクで手探りの中続々と登場したパワーカードの環境に振り回された1年だったように感じる。

一番使い込んだリベリオンの勝率が約39 %でエルドラージとデプスがそれぞれ 20 %だった。

以前,考察で提案したデッキ分類による使用デッキと対戦デッキ別の戦績を掲載する。

対戦デッキ
2019.デッキタイプ別
2019.時系列
戦績表・デッキタイプ別・時系列

LibreOffice Calcでピボットテーブルを駆使してデータを整理して,グラフを整理した。

久しぶりの事務作業でやり方を忘れて,データ整理に4-5時間と思いの外時間がかかってしまった。

対戦デッキ一覧を見ると,全体としてクロック・パーミッションによく当たっている。61試合中23試合はクロック・パーミッションの結果だった。

その他では,墓地コンボ10,コントロール8,瞬殺コンボ8と続いた。

肝心のクロック・パーミッション相手の戦績は,リベリオンは5勝6敗でだいたいイーブンだが,エルドラージが1勝6敗とぼろぼろだった。エルドラージは《虚空の杯/Chalice of the Void》がない状態での対戦だったため,単純にデッキの完成度の低さが戦績にもろにでてしまった。

時系列グラフを作成して,ロンドン・マリガンの影響などもみてみたが,単純にロンドン・マリガン導入後は完成度の低いエルドラージを多用しておりそれが戦績に影響を及ぼした結果となった。

2019年は《古えの墳墓/Ancient Tomb》や《金属モックス/Chrome Mox》を購入し,リベリオンを強化できた。しかし,それよりも年の後半からはモダンホライゾンの《レンと六番/Wrenn and Six》やエルドレインの王権の《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》に苦しめられる1年になったように感じる。

ひとまず,メインの参加大会の晴れる屋でよくあたっているクロック・パーミッションと墓地コンボは2020年の重点課題としたい。

墓地コンボに関しては,サイドに《虚空の力線/Leyline of the Void》4枚を標準装備として2020年は乗り切りたい。肝心のクロック・パーミッションはうまい案が思いつかないが,おいおい考えたい。

今回きっちり戦績を整理したので,次回からは効率よく戦績を整理して分析していきたい。

★謹賀新年★と旧年の決算

  新年明けましておめでとうございます!

 新年はいろいろ寒そう(就職的な意味で)ですが良い年になることを祈りたいです。旧年で対戦してくださった方はありとうございました。
 新年もよろしくお願いします!!

 右の写真に去年と今年書いた年賀状を貼りつけました。
例年、年賀状には結構時間かけています(笑)。
 
 一番上は寅年だったので、大乱闘スマッシュブラザーズ(スマブラ)のキャプテン・ファルコンとタイガーマスクをまぜたつもりです。
 2枚目は猫を書いてほしいとリクエストがあったので、うちの猫を1匹書きました。実は私の家では猫を8匹飼っています(笑)。
 3枚目はウサギ年ということでウサギを書きました。ギャグ漫画日和のうさみちゃんとミッフィーを書きました。
 今年は合計12枚書きました。今のところ返ってきたのは4枚。メールで返ってきたり、面倒やから返さないといわれたりしました。一生懸命書いたので返してほしいのだけど、今年も華麗にスルーされたりするのだろうか…
 
 いつもMTGでお世話になっている友人にはは去年は送ったけれど返ってこなかったので、今年はちゃんと返ってくるとよいな…。

閑話休題

2010年6/12に日記を初めて以来の初の年越しです。
日記を付けた回数は30回でアクセスカウントは約1900回。

 MTG関連での記録。出場した大会は6回で戦績を振り返る。
詳細を見たい人は左下のテーマ別日記一覧の MTG レガシー大会 のタグからどうぞ。

2010年6月13日アメドリレガシー大会結果
http://uonosa.diarynote.jp/201006142352006745/
D&Tで参加

1戦目 トモハルANT ○ × ×
2戦目 マーフォーク ○ × ○
3戦目 緑タッチBTB × ×
4戦目 ベースラプション(友人) × ○ ○

2勝2敗

7/25(日)ProjectCore高槻レガシー大会結果
http://uonosa.diarynote.jp/201007252112192001/
参加デッキ:キスキン

1戦目 ソプターコントロール ○ × △
2戦目 相殺炎渦入り(友人) ○ ○
3戦目 赤バーン (スタンプレイヤー?) × ○ ○

2勝1分け

8/15(日)まほねこAngelicSmile レガシー大会結果
http://uonosa.diarynote.jp/201008170012376459/
参加デッキ:D&T

1戦目 発掘 (京都の人) ○ ○
2戦目 マーフォーク(マツバガニさん) × ×
3戦目 チームアメリカ? (たまさんのお友達)○ ○
4戦目 バントデッキ? (BM常連の人?)○ ○

3勝1敗

2010年9月2日BM平日レガシー大会
http://uonosa.diarynote.jp/201009110217134746/

参加デッキ:D&T

第1試合 ゴブリンby大きな人 ×○○
第2試合 緑タッチマーフォークby陽気な人 ○○
第3試合 相殺デッキby今回の優勝者 ××

2勝1敗

10/31(日)まほねこレガシー大会
http://uonosa.diarynote.jp/201010312328303951/
使用デッキ:白単

1回戦 VSランドスティルby京都の人 ○ × △
2回戦 VSロームby穏やかそうな人 × ○ ○
3回戦 VSいわゆる新地平線byかっこよさげな人 × ×
4回戦 《風景の変容》デッキby眼鏡と帽子つけてた人 × ○ ×

1勝2敗1分け

11/13(日)BCL
http://uonosa.diarynote.jp/201011142035153004/
参加デッキ:白単

1回戦 ドラゴンストンピィby大人っぽい人 ○ ○
2回戦 黒緑白サバイバルby以前対戦したBM常連の方 ○ × ×
3回戦 ANTby帽子をかぶったBM常連の人 × ○ ○
4回戦 マーフォークby眼鏡をかけた大きな人 × ×
5回戦 ジャンドby眼鏡の人 × ○ ○

3勝2敗

トータルだと13勝8敗2分けでした。

 参加した大会が6回であまり参加できなかったので新年の目標は倍の12回参加できたらよいなと思います。
 2月のエターナルパーティはゼミの先輩の発表に絶対来るように教授にいわれているので、参加できません…。なので新年は日本選手権に参加してみたいです。
 新年も零細な更新になるかと思いますが旧年と同様に細く長く続ける方針で行きます。
 こんな私ですが新年もお願いします。