今考えている白単

なかなか更新するのが面倒な今日このごろです。
「アヴァシンの帰還」という新しいエキスパンションが発売されるということで新カードの情報がでてきて、いくつか面白そうカードもでてきている。

機会を見つけてその雑感でも書きたいね。全リストが発表になったら一度書こうかね。

閑話休題。

以前友人に完全に負けて以来デッキを改良することが大きなテーマとなっていた。
青白石鍛冶の鷹やムーアランドのトークンとか、未練ある魂のトークンなどで、今PWのエルズペスがあまり強くないと感じていた。そこで、再び《幽体の行列/Spectral Procession》を採用してみようと考えた。
しかしながら、《幽体の行列/Spectral Procession》が強いのは全体強化の呪文や能力と組み合わさったとき。それを考えて、前から気になっていたあるカードを思いついた。

いま考えているデッキを以下に示す。

23 土地
13 《平地/Plains》
1 《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》
1 《Karakas》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《ミシュラの工廠/Mishra’s Factory》

28 生物
4 《闘争の学び手/Student of Warfare》
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
3 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》

3 スレイベンの守護者、サリア

3 《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》

2 《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》
3 《幽体の行列/Spectral Procession》
3 《月皇ミケウス/Mikaeus, the Lunarch》

9 呪文
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2 《忘却の輪/Oblivion Ring》
1 《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1 《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》

15 サイドボード
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
3 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
3 《流刑への道/Path to Exile》
2 《忘却の輪/Oblivion Ring》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《万力鎖/Manriki-Gusari》

最後に載せたリストは以下のリンクを参照。
http://uonosa.diarynote.jp/201111140055566480/

メインの変更点を示す。

11 out 
3 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
2 《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》
1 《忘却の輪/Oblivion Ring》
2 《運命の大立者/Figure of Destiny》
1 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》

11 in
3 サリア
3 《月皇ミケウス/Mikaeus, the Lunarch》
3 《幽体の行列/Spectral Procession》
2 《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》

最近流行りのサリアをメインから試しに採用してみた。除去耐性の高い《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》を採用。同じく単体除去に強い《幽体の行列/Spectral Procession》を採用。
全体的にサイズが小さいので《月皇ミケウス/Mikaeus, the Lunarch》を採用。

《幽体の行列/Spectral Procession》と相性のよい全体強化は今まで《清浄の名誉/Honor of the Pure》とか《鏡の精体/Mirror Entity》とか《天界の十字軍/Celestial Crusader》を使っていた。(他には試したこと無いけど《黄金のたてがみのアジャニ/Ajani Goldmane》も考えられる。)
しかし、どれも弱いところがあってあまり積極的に採用したいと思えなかった。しかし、前から気になっていた《月皇ミケウス/Mikaeus, the Lunarch》は速効性がないところを除けば柔軟性があってよさそうだと思い、採用してみた。

まだ《月皇ミケウス/Mikaeus, the Lunarch》はもっていないのでプロキシだ。
何回か動かしてみたけれど、白白がたまに出ないときがあって、《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》と《幽体の行列/Spectral Procession》がだせないことがあった。

対戦して、不具合などをみていきたい。

他に検討しているのはいつかの大会で上位にいたサリアを採用した白単D&T。
こちらもそのうち紹介したい。今回は以上。

京都でMTGの大会は次の大会情報を参考にすると
http://mtgtaikai.web.fc2.com/legacy.html
けっこうな頻度で行われているようだ。
BMに行くより費用と時間がかからないので、ワンチャンいくか?

青白D&Tに鷹を採用する

卒業論文は4/3にようやく提出しました。しかし、提出後脱字を一個見つけた…。けっこう見直したつもりだったのだけれど…

新しい学校。いろいろプレッシャーがあるけれど、何かいいことがあればいいな。
就職活動が怖い。それとテーマ決め。目先の嫌なことは新しい研究室の人達への学部でやった卒研の発表か。

閑話休題。

しばらく放置していた青白D&T。しもべさん
http://kingslover34.diarynote.jp/201204031050058143/
が紹介していたをみて思いだした。

それとさざめ雪さんが使っているNogoyfというデッキで《戦隊の鷹/Squadron Hawk》と《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》を採用しているのを参考に自分のにもこれを取り入れてみた。

61 青白D&T
21 土地
1 《平地/Plains》
1 《島/Island》
4 《Tundra》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《Karakas》
4 《不毛の大地/Wasteland》
1 《雲の宮殿、朧宮/Oboro, Palace in the Clouds》
1 《石化した原野/Petrified Field》
1 《地平線の梢/Horizon Canopy》
1 《Maze of Ith》
1 《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》

22 生物
3 《ルーンの母/Mother of Runes》
4 《雨ざらしの旅人/Weathered Wayfarer》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4 《戦隊の鷹/Squadron Hawk》
2 《波止場の用心棒/Waterfront Bouncer》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《コロンドールのマンガラ/Mangara of Corondor》

18 呪文
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2 《呪文嵌め/Spell Snare》
2 《もみ消し/Stifle》
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1 《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
1 《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》

15 サイド
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《解呪/Disenchant》
2 《失脚/Oust》
3 《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
3 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》

変更点は
瞬唱1、《セラの報復者/Serra Avenger》3→《戦隊の鷹/Squadron Hawk》4
《殴打頭蓋/Batterskull》1→《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》1
《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》1を追加

瞬唱は序盤に複数枚あってもそもそもフラッシュバックする余裕がない。また、序盤の展開と除去が多いことをそれにアドの面からセラと鷹を交換。
《殴打頭蓋/Batterskull》は石鍛冶が残らないと使えないのでやめて、さらなる除去の点から《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》を採用。
スペースがなかったので《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》は1追加。

ただ、今後《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》やら《二股の稲妻/Forked Bolt》が増えるとタフネス1が多いのでちょっと不安だ。

動かしてすらいないただの思いつきです。

今後あまり時間がとれないので、暇を見つけてこういう駄文でも残していきます。