購入報告: 特殊な基本土地平地

概要

2020-01-22 Wedにメルカリで《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》日20枚を599円で購入した。

なお,以前から告知したとおり,2020-01-28 Tueに大会参加予定だったのだが,その日は気温が低く,雨も降っていたため参加を辞退した。

確定申告の時期に入りつつあり,2019年の取引を記帳しているのだが,なかなか時間がかかる。

効果

《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》

Snow-Covered Plains / 冠雪の平地
基本氷雪土地 — 平地(Plains)
(白)

今回購入した《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》は,基本土地でかつ平地の土地タイプをもつ,《平地/Plains》以外の唯一のカードだ。

基本的には《平地/Plains》と違いはない。ただし,一部の氷雪マナを必要とするカードを使う上で,白にとっては必須のカードとなる。

具体的には,モダンホライゾンで登場した《アーカムの天測儀/Arcum’s Astrolabe》のために購入した。

パウパーで《きらめく鷹/Glint Hawk》や《コーの空漁師/Kor Skyfisher》で《胆液の水源/Ichor Wellspring》や《アーカムの天測儀/Arcum’s Astrolabe》を手札に戻して,アドバンテージを稼ぎながら展開するウィニーの ボロスキティ の存在を「【デッキ考察】まなかぷデッキ発信基地 ~電波でGO!!~ Vol.4「8枚の石鍛冶」(レガシー?)」で知った。

レガシーでも《ちらつき鬼火/Flickerwisp》を加えて,ありではないかと思い,枚数が多く高騰の影響が大きい《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》をこのタイミングで購入した。1枚30円なのでこんなものだろう。

「8枚の石鍛冶」の結論にもある通り,通常のウィニーデッキでは高速コンボにどうしても勝てない。色的に,《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》を採用した上陸ボロスとのハイブリッドにして,2キル3キルを狙える速度を追求する構成にする必要があるだろう。

《アーカムの天測儀/Arcum’s Astrolabe》は,金属術達成の数合わせにもなるため,地味に《オパールのモックス/Mox Opal》とも相性が良い。

《オパールのモックス/Mox Opal》と《水蓮の花びら/Lotus Petal》で加速して,コンボ対策には《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》で,《虚空の杯/Chalice of the Void》は《ちらつき鬼火/Flickerwisp》でどうにか対応できないだろうか?

例えば,こんなデッキが思いついた。

60 メインデッキ/Main Deck
22  土地/Land
08  《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》
04  《古えの居住地/Ancient Den》
04  《不毛の大地/Wasteland》
04  《古えの墳墓/Ancient Tomb》
02  《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》

19  クリーチャー/Creature
04  《きらめく鷹/Glint Hawk》
04  《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
03  《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》
04  《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
04  《難題の予見者/Thought-Knot Seer》

19  その他/Other
04  《オパールのモックス/Mox Opal》
04  《水蓮の花びら/Lotus Petal》
04  《ウルザのガラクタ/Urza's Bauble》
04  《アーカムの天測儀/Arcum's Astrolabe》
01  《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
01  《殴打頭蓋/Batterskull》
01  《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》

氷雪土地8枚で運用できるのかはやや怪しいが…

結論

今後の白ウィニーの可能性に備えて,必須パーツとなりえる《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》を購入した。

《アーカムの天測儀/Arcum’s Astrolabe》は,白での《渦まく知識/Brainstorm》と《思案/Ponder》並に強力な動きを実現できる可能性がある。

Eternal Party 2019 関東で優勝したサルベイジャーコンボで採用されていた《オパールのモックス/Mox Opal》がやはり気になる。

アドバンテージを失わないところがやはり《金属モックス/Chrome Mox》よりも強い。高額カードだが,《オパールのモックス/Mox Opal》もどうにか入手して,次のデッキ構築に組み込んでいきたい。

大会報告: 2020-01-25 Sat 17:00 晴れる屋TC休日レガシー | 何もできずに敗北し,デッキの完成度不足を痛感

概要

  • イベント名: 休日レガシー
  • URL: https://www.hareruyamtg.com/ja/events/?shop=1&date=202001
  • 主催者: 晴れる屋トーナメントセンター
  • 開催日時: 2020-01-25 Sat 17:00
  • 参加人数: ?
  • デッキ: エルドラージ:ホワイト
  • 結果: 1-2
  • 1R —: 不戦敗
  • 2R xx-: エルドラージ・ノート
  • 3R —: 不戦勝

前回の購入報告で告知した通り,この日の日中は東京ビッグサイトで開催された資産運用EXPOに参加していた。その帰りに大会に参加した。

当初は20:00の大会に参加予定だったが,日中の資産運用EXPOを予定より早く退場したため,17:00の大会に参加した。

購入

テーロス還魂記が前日に販売され,気になっていたカードを購入した。その他,1/31まで店頭でのメルペイスマート払いのポイント還元が上限P1000で50 %だったので,せっかくなのでメルペイを使えるバトコロで買い物をした。

  • 0200円: 《古えの居住地/Ancient Den》英1
  • 0330円: 《牧歌的な教示者/Idyllic Tutor》日3
  • 0099円: 《太陽の恵みの執政官/Archon of Sun’s Grace》日3
  • 3300円: 《マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice》日1

《古えの居住地/Ancient Den》のみ晴れる屋TCで購入し,残りはバトロコで購入した。

《古えの居住地/Ancient Den》は2枚所持している。現在,マナ加速として,《金属モックス/Chrome Mox》を採用している。Eternal Party 2019 関東で優勝したサルベイジャーコンボでマナ加速に《オパールのモックス/Mox Opal》が使われているのをみた。アドバンテージのロスがないので,《金属モックス/Chrome Mox》よりも《オパールのモックス/Mox Opal》のほうが強いように感じた。ただし,その分デッキ内のアーティファクトの比重を増やす必要がある。手始めにアーティファクトランドを4枚揃えようと思い,参加賞の100円商品券を併用して購入した。

《牧歌的な教示者/Idyllic Tutor》は次のデッキで予定している,ヘルムピースやバリヘルコンボのサーチ用に3枚購入した。《太陽の恵みの執政官/Archon of Sun’s Grace》はもともと購入予定ではなかったのだが,さすがに33円は安いと感じ,いくらなんでも過小評価ではないかと思い購入した。どちらも残り一枚は英語でどこかで購入したい。

《マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice》は《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》との組み合わせが強力なカードだ。モダンで禁止され,値段が3000円まで急落した。メルペイのキャンペーンを思い出し,このタイミングで購入することにした。

デッキ

年始の購入でようやく《虚空の杯/Chalice of the Void》が4枚揃ったので,それらを投入したエルドラージ:ホワイトを使った。

デッキ名/Deck Name エルドラージ・ホワイト/Eldrazi White
デッキ製作者/Deck Designer    妹尾 賢/SENOO, Ken
バージョン/Version   5.0.0
日付/Date 2020-01-25 Sat

60 メインデッキ/Main Deck 26 土地/Land 07 《平地/Plains》 04 《古えの墳墓/Ancient Tomb》 04 《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》 04 《不毛の大地/Wasteland》 04 《爆発域/Blast Zone》 03 《無声開拓地/Silent Clearing》

17 クリーチャー/Creature 01 《歩行バリスタ/Walking Ballista》 04 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》 01 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》 02 《護衛募集員/Recruiter of the Guard》 03 《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》 04 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》 02 《現実を砕くもの/Reality Smasher》

17 その他/Other 04 《虚空の杯/Chalice of the Void》 04 《金属モックス/Chrome Mox》 04 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》 01 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》 01 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》 01 《慈悲深きセラ/Serra the Benevolent》 01 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》 01 《殴打頭蓋/Batterskull》

15 サイドボード/Sideboard 04 《虚空の力線/Leyline of the Void》 03 《議会の採決/Council's Judgment》 01 《歩行バリスタ/Walking Ballista》 01 《無のロッド/Null Rod》 01 《減衰球/Damping Sphere》 01 《謙虚/Humility》 01 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》 01 《封じ込める僧侶/Containment Priest》 01 《石とぐろの海蛇/Stonecoil Serpent》 01 《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》

前回との主な変更点は以下となる。

  • メインデッキに《虚空の杯/Chalice of the Void》を2枚追加
  • メインデッキに《慈悲深きセラ/Serra the Benevolent》,《現実を砕くもの/Reality Smasher》を新規採用
  • サイドボードに《虚空の力線/Leyline of the Void》を新規採用

前回大会参加から購入した《虚空の杯/Chalice of the Void》,《慈悲深きセラ/Serra the Benevolent》,《現実を砕くもの/Reality Smasher》,《虚空の力線/Leyline of the Void》を採用した。

試合

1R —: 不戦敗

東京ビッグサイトからバスを経由して向かっていた。乗換案内アプリの予定では間に合う予定だったのだが,思っていたより乗車客が多く,1Rに間に合わなかった。

2R xx-: エルドラージ・ノート

いつもスタイフルノートを使っている人との対戦だった。今回は《エルドラージのミミック/Eldrazi Mimic》や《運命の巻物/Scroll of Fate》,《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》+ヘルムヴォイドを搭載したコンボデッキだった。

1Gは相手先手で,こちら2マリガン。《ウギンの目/Eye of Ugin》スタート。1ターン目に《虚空の杯/Chalice of the Void》を設置するも,《ウギンの目/Eye of Ugin》の時点で効かないだろうと感じた。2ターン目に,《難題の予見者/Thought-Knot Seer》を出され,その後のこちらの動きが鈍く,そのまま殴り負けてしまった。

2Gはこちら先手で《悟りの教示者/Enlightened Tutor》,《平地/Plains》2,《金属モックス/Chrome Mox》,《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》,《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》,《議会の採決/Council’s Judgment》の初手をキープ。《議会の採決/Council’s Judgment》で時間を稼ぎ,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》から《謙虚/Humility》を設置するプランでいく。

しかし,土地を引き込めず,《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》が出てしまい,《金属モックス/Chrome Mox》でマナ加速できず,そのままほぼ何もできず,《エルドラージのミミック/Eldrazi Mimic》+《ファイレクシアン・ドレッドノート/Phyrexian Dreadnought》で負ける。

ほとんど何もできないまま負けてしまい,こちらが弱すぎることを痛感してしまった。

3R —: 不戦勝

デッキに問題を感じたので,20:00の大会はやめて,そのままバトロコで買い物して帰ることにした。

結果

結果は1-2で惨敗だった。

《虚空の杯/Chalice of the Void》が効かない相手だったとはいえ,こちらのデッキが弱すぎた。

サイドボードから《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》を採用することがあるならば,やはりフェッチランドは採用すべきだった。2Gで初手の《平地/Plains》2のうちどちらかがフェッチランドであれば,《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》からマナ加速してもう少しゲームを展開できた。

また,《現実を砕くもの/Reality Smasher》を採用したことによって,デッキ内の無色率が上がり,《金属モックス/Chrome Mox》がやや使いにくく感じた。

これだったら素直にエルドラージ・ストンピィとか大会入賞デッキを丸々コピーしたり,なんならリベリオンのほうが動きが安定してましだったのではないかと感じてしまった。

自分のデッキ構築力の低さを痛感した大会だった。

コンボパーツがだいたい揃ったので,次回はヘルムピースとペインターコンボのハイブリッドコンボを試したい。

次回の参加予定は今月の参加予定大会の告知通り,1/28 Tue 11:00の晴れる屋平日サービスレガシーだ。

負けてもめげずに次のデッキに挑戦していきたい。

購入報告: 0マナで打ち消されない至高の墓地対策

概要

2020-01-17 FriにCardshop Serraで以下のカードを購入した。

  • 4440: 《虚空の力線/Leyline of the Void》英3
  • 1580: 《虚空の力線/Leyline of the Void》日1
  • 0040: 《戦隊の鷹/Squadron Hawk》日1
  • 0040: 《戦隊の鷹/Squadron Hawk》英1
  • 0030: 《果敢な隼/Defiant Falcon》英1
  • 0150: 《悔恨する僧侶/Remorseful Cleric》英1
  • 0300: 《悔恨する僧侶/Remorseful Cleric》日2
  • 0180: 《遺棄の風/Winds of Abandon》日3
  • 0050: 《ジュントゥのくい/Juntu Stakes》日1
  • 6810: 合計

2019年の年間報告がまだ書けていないが,次回大会参加時に使うカードを購入したので,こちらを先に報告する。

基本セット2020で再録された《虚空の力線/Leyline of the Void》と,その他に欲しかったカードのうち安かったをまとめて購入した。

MTGショップで有名なCardshop Serraでの初めての購入だった。

買い取りに力を入れているようで,買い取り用のチラシと封筒が同封されているのが印象的だった。トレトクやカードラッシュでは,買い取り用の封筒まで同封されていなかった。

効果

《虚空の力線/Leyline of the Void》

Leyline of the Void / 虚空の力線 (2)(黒)(黒)
エンチャント

虚空の力線があなたのゲーム開始時の手札にある場合、あなたはそれが戦場に出ている状態でゲームを始めてもよい。 いずれかの領域から対戦相手の墓地にカードが置かれる場合、代わりにそれを追放する。

購入時の値段が1500円程度であり,ここから値上がりしそうな気がしたため,このタイミングで購入した。

力線サイクルの一種で最も使われていると思われるカードだ。

カードの効果自体は墓地への配置を追放領域に置換するだけだ。ただし,力線サイクル共通の効果で,ゲーム開始時の手札にある場合,戦場に出ている状態でゲームを開始できる。これが強い。実質的に0マナで打ち消されない墓地対策といえる。

墓地対策カードはたくさん登場してきているが,個人的には以下の4種類のカードが特に検討に値すると感じている。

  • 《外科的摘出/Surgical Extraction》
  • 《虚空の力線/Leyline of the Void》
  • 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
  • 《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》

ポイントはリアニメイトの先手1ターンキルを防止できるかだ。黒単や赤黒リアニメイトの1ターン目の《狂気の種父/Sire of Insanity》は実質的に1ターンキルである。

墓地対策には,他のコンボ対策にもなる《外科的摘出/Surgical Extraction》が個人的には気に入っていた。しかし,自分が《虚空の杯/Chalice of the Void》を使う都合,《外科的摘出/Surgical Extraction》は相性が悪く,他の墓地対策を検討していた。

この他に先手1ターンキルを防ぐには,《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》しかない。しかし,《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》は手札破壊に弱くなる上,土地単の《壌土からの生命/Life from the Loam》と《罰する火/Punishing Fire》への対策として物足りなく,墓地対策としては中途半端だった。

これらを総合的に考えると,やはり《虚空の杯/Chalice of the Void》を併用する場合の墓地対策としては《虚空の力線/Leyline of the Void》がベストではないかと思った。

《戦隊の鷹/Squadron Hawk》

Squadron Hawk / 戦隊の鷹 (1)(白)
クリーチャー — 鳥(Bird)

飛行 戦隊の鷹が戦場に出たとき、あなたはあなたのライブラリーから《戦隊の鷹/Sqadron Hawk》という名前のカードを最大3枚まで探し、それらを公開してあなたの手札に加えてもよい。その後、あなたのライブラリーを切り直す。 1/1

白で貴重な手札アドバンテージを手軽に稼げるカードだ。今まで2枚保持しており,残りの2枚を入手した。

テーロス還魂記の《太陽冠のヘリオッド/Heliod, Sun-Crowned》の登場により,モダンやスタンダードで活躍したソウルシスターズもありではないかと少し考えた。

《砂の殉教者/Martyr of Sands》と組み合わせることで大量ライフを手軽に獲得できる。その他,《金属モックス/Chrome Mox》や《美徳の力/Force of Virtue》など,手札を消費するカードとも相性がいい。

《果敢な隼/Defiant Falcon》

Defiant Falcon / 果敢な隼 (1)(白)
クリーチャー — レベル(Rebel) 鳥(Bird)

飛行 (4),(T):あなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストが3以下のレベル(Rebel)・パーマネント・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。 1/1

《戦隊の鷹/Squadron Hawk》に続いて同じ鳥の《果敢な隼/Defiant Falcon》の4枚目を購入した。リベリオンの基本パーツの一つであり,3枚しか保持していないことが気になっていたので4枚目を購入した。

《悔恨する僧侶/Remorseful Cleric》

Remorseful Cleric / 悔恨する僧侶 (1)(白)
クリーチャー — スピリット(Spirit) クレリック(Cleric)

飛行 悔恨する僧侶を生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とし、そのプレイヤーの墓地からカードをすべて追放する。 2/1

《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》を内蔵したウィニークリーチャーであり,飛行を持っているのが強い。

白の2マナ域は微妙に選択肢に悩むマナ域であるが,《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》,《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》に続く候補と考えている。

墓地コンボが流行するようであれば,メインからの採用も十分検討に値するカードだ。

1枚だけ保持しており,店舗在庫がそこまで多くなく,値上がりの可能性も感じたため,150円で残り3枚を購入した。

《遺棄の風/Winds of Abandon》

Winds of Abandon / 遺棄の風 (1)(白)
ソーサリー

あなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とし、それを追放する。これにより追放されたクリーチャー1体につき、それのコントローラーはそれぞれ、自分のライブラリーから基本土地カード1枚を探す。それらのプレイヤーは、それらのカードをタップ状態で戦場に出し、その後自分のライブラリーを切り直す。 超過(4)(白)(白)(あなたはこの呪文をこれの超過コストで唱えてもよい。そうしたなら、対象は取らず、あなたがコントロールしていない各クリーチャーを追放する。これにより追放されたクリーチャー1体につき、それのコントローラーはそれぞれ、自分のライブラリーから基本土地カード1枚を探す。それらのプレイヤーは、それらのカードをタップ状態で戦場に出し、その後自分のライブラリーを切り直す。)

モダンホライゾンで登場した白の確定除去だ。2マナソーサリーの《流刑への道/Path to Exile》と思ってよいだろう。終盤に超過でキャストできれば,逆転できる可能性もある。

自分が《虚空の杯/Chalice of the Void》を使うと,《剣を鍬に/Swords to Plowshares》と《流刑への道/Path to Exile》を使えなくなる都合,それらの代わりのカードとして3枚購入した。

似たようなカードに《石の宣告/Declaration in Stone》がある。こちらは土地の代わりに手がかりトークンを与える。序盤であれば《石の宣告/Declaration in Stone》はありだが,中盤以降は《遺棄の風/Winds of Abandon》のほうがありがたいだろう。

《ジュントゥのくい/Juntu Stakes》

Juntu Stakes / ジュントゥのくい (2)
アーティファクト

パワーが1以下のクリーチャーは、それぞれのコントローラーのアンタップ・ステップにアンタップしない。

《弱者の石/Meekstone》と対を成すカードだ。パワー1以下のクリーチャーのアンタップを防止する。

有効な相手は余り思いつかないが,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》や《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》のサーチ先として1枚購入した。

結論

墓地対策としては最強クラスの《虚空の力線/Leyline of the Void》を4枚購入した。《虚空の杯/Chalice of the Void》併用時の必須墓地対策だろう。早速サイドボードに採用したい。

今月は《虚空の杯/Chalice of the Void》2枚に《虚空の力線/Leyline of the Void》4枚となかなか出費がかさむが,値段の相場上やむを得ない。

なお,今月の参加予定大会で告知した通り,次回の大会参加予定は1/28 Tue 11:00の晴れる屋トーナメントセンターだった。

予定が追加され,1/25 Satの20:00の休日レガシーに参加予定だ。1/25 Satに「資産運用EXPO|リードエグジビションジャパン」があり,気分転換に参加することにした。その帰り道に大会に参加しようと思う。なお,資産運用EXPOの無料入場券 (5000円相当) が2枚余っているので,興味があれば当日会場で提供可能だ。

土曜の大会参加を楽しみにしたい。

考察: デッキ分類 | 適切なデッキの分類分けは対策と傾向の分析に有益

概要

2019年の戦績を整理しており,対戦相手のデッキタイプの分類で迷ってしまった。

今までデッキタイプについてはあまり深く考えていなかった。実際,土地単はどう分類するのが適切か悩んでしまった。土地単は《罰する火/Punishing Fire》,《暗黒の深部/Dark Depths》,《壌土からの生命/Life from the Loam》が搭載されており,墓地コンボの側面,瞬殺コンボの側面,コントロールの側面がある。

実際に対戦デッキのデッキを分類し,自分の苦手なタイプを把握することは,今後の傾向と対策を練る上で重要だ。

そこでデッキの分類について自分の考えを整理することにした。

調査

まず,基本情報としてMTG Wikiの「アーキタイプ」のページを眺めて一般的なデッキタイプについて学んだ。

まず,一般的にいわれる3大アーキタイプ (デッキタイプ) として以下がある。

  1. ビートダウン
  2. コントロール
  3. コンボ

この3大タイプはイメージしやすい。さらに,これを細分化するような形で2012-03-27に公開された「ゼロからのデッキ構築」の公式記事で以下の6のアーキタイプによる分類が示された。この分類をR&Dによる分類と呼ぶことにする。

  1. アグロコントロール
  2. ビートダウン
  3. コンボ
  4. コントロール
  5. ミッドレンジ
  6. ランプ

MTG Wikiの記事は元の記事と単語名が異なっているので注意する。

このR&Dによる分類は3大アーキタイプの内のビートダウンをビートダウン,アグロコントロール,ミッドレンジ,ランプに細分化した分類のようだ。アグロコントロールはデルバーデッキを代表とするクロック・パーミッションと言い換えてもよいだろう。

MTG Wikiではこの他にFloresによる9の分類も掲載されている。しかし,こちらは分類に適切な名前がついておらず,数が少々多くて分類しにくく感じた。

分類

R&Dによる分類は,多すぎず少なすぎない分類数で悪くない。ただし,この分類にも少々問題を感じる。例えば,コンボの分類の粒度が少々大きすぎる。カードプールの広いレガシー環境ではコンボ速度や利用するリソースもさまざまである。ANTとドレッジを同じコンボ分類でまとめるのは少々大雑把に感じる。ビートダウンを4種類の細分化したようにコンボも細分化が必要に感じる。

そこでR&Dによる分類を参考にして自分なりのデッキの分類を考えた。分類名と該当例を以下に記した。

  1. 墓地コンボ: ドレッジ,リアニメイト,Nic Fit:レクター,サルベイジャーコンボ,ホガーク,復讐蔦,フェニックス,セファリッドブレイクファースト
  2. 瞬殺コンボ: ANT, 実物提示教育,食物連鎖,ペインター,ベルチャー
  3. 中速コンボ: 土地単,暗黒の深部,エルフ,自然の秩序,スケープシフト,アルーレン,ヘルムヴォイド/ヘルムピース,欠片の双子,サヒーリコンボ,ループジャンクション
  4. アグロ: ゴブリン,白ウィニー,バーン,Zoo,親和
  5. ビート・コントロール: ジャンク,赤単プリズン,エルドラージ・ストンピィ,POX,Death & Taxes,テゼレット,スティール・ストンピィ,マーベリック,Nic Fit:レクターなし,ウルザ
  6. クロック・パーミッション: デルバー,石鍛冶,忍者,デスシャドー,スタイフルノート,マーフォーク,感染
  7. ランプ: エルドラージ・ポスト,12post
  8. コントロール: 奇跡,4Cフレンド,グリクシス・コントロール,バント・コントロール

なお,先頭の番号は参照しやすいように付けただけで特に深い意味はない。

解説

R&Dによる分類ではコンボが大雑把だったため,ここをさらに墓地コンボ,瞬殺コンボ,中速コンボに細分化した。その他,アグロコントロールをクロック・パーミッション,ミッドレンジをビート・コントロール,ビートダウンをアグロに変更した。

分類にあたっては実際のデッキの動きに注目することにした。例えば,スタイフルノート,デスシャドー,感染はコンボにもみなせるようなデッキだが,どれも動きはクロック・パーミッションなのでこちらに分類した。

土地単も基本的に勝ち手段は《死者の原野/Field of the Dead》,《暗黒の深部/Dark Depths》,《罰する火/Punishing Fire》,《溶鉄の渦/Molten Vortex》なので,中速コンボに分類した。《罰する火/Punishing Fire》と《溶鉄の渦/Molten Vortex》が墓地を前提としているが,どちらかというと《暗黒の深部/Dark Depths》のほうがメインな印象だったので,墓地コンボにはしなかった。

特に,コンボにおいては墓地利用コンボは一つの典型的な形だ。使う側も対策する側としてもこれは別の分類にしたほうがわかりやすいと判断した。このため,Nic Fitに関しては墓地を利用する《アカデミーの学長/Academy Rector》の有無で分類を分けた。

その他の墓地をメインで使わないコンボについては,コンボ成立速度をベースに分類した。何もなければ概ね3ターン目にはゲームが決まるようなコンボを瞬殺コンボとし,それより遅いコンボを中速コンボとした。

レガシーではランプに該当するデッキがポスト系デッキしかなく,数が少ないのが少々心残りだ。他に何かうまい分類が思いつけばそちらに変えてもいいかもしれない。

その他《虚空の杯/Chalice of the Void》を使うストンピィ系デッキを便宜上ビート・コントロールに分類にした。これにより,アグロの分類がコントロール要素や妨害要素の薄い (概ね8枚未満) ビートダウンデッキとなり,該当例がゴブリン,Zooなどになった。

この分類で,既存のレガシー環境のデッキを動きに着目してうまく分類できたのではないかと感じている。これにより,敗因の対策と傾向を練りやすくなったのではないかと思う。

結論

2019年の戦績を整理する上で対戦相手のデッキタイプの分類に悩んだ。自分なりに調べてうまい分類を考案できた。

今後は勝敗とデッキ名でだけではなく,この分類で対戦相手のデッキを挙動ごとに分類し,傾向と対策の参考にしたい。

なお,この分類で不足している視点,カバーできないデッキなどあれば,是非コメントいただきたい。

購入報告: 0回戦ドロップで入手したのは白の最高の墓地対策

概要

2020-01-15 Wedに晴れる屋トーナメントセンターで《安らかなる眠り/Rest in Peace》英1を500円で購入した。

100円商品券を使い実質400円と相場最安で購入できた。

事前に「告知: 今月参加予定大会 (1/15 Wed 14:00 晴れる屋TC, 1/28 Tue 11:00 晴れる屋TC) – エターナルホワイトマジック/Eternal White Magic」で告知した通り,本日は外出予定があったため晴れる屋トーナメントセンターの14:00の平日レガシーに参加予定だった。

実際に訪問して参加申し込みしたのだが,他に参加者がおらず,不成立となってしまった。12:00開始のLet’s 5レガシーは参加者8名ほどで成立していた。大会に参加したければ12:00のに参加するので,14:00というのは中途半端だったようだ。

そのため,参加賞の商品券だけもらった。商品券がもったいないので今回購入したというわけだ。

今回購入した《安らかなる眠り/Rest in Peace》は,「Signature Spellbook: Gideon」という《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》の追悼のコレクション用のカードセットに収録されているエディションだった。

Signature Spellbook: Gideon」に収録されている人気カードは,《安らかなる眠り/Rest in Peace》の他に,《流刑への道/Path to Exile》もある。この2枚でだいたい1000円分くらいの価値はある。

定価は2200円だが,Amazon.co.jpなどでは1500円程度なので,これらの2枚が欲しい人はお得かもしれない。

《安らかなる眠り/Rest in Peace》は2枚持っていたので,3枚目の購入となった。

効果

《安らかなる眠り/Rest in Peace》の効果は以下の通りだ。

Rest in Peace / 安らかなる眠り (1)(白)
エンチャント

安らかなる眠りが戦場に出たとき、すべての墓地にあるすべてのカードを追放する。 カードかトークンがいずれかの領域からいずれかの墓地に置かれる場合、代わりにそれを追放する。

ETBで全ての墓地を追放し,以降の墓地への配置カードも追放する。

墓地配置自体を追放領域へ置換するため,死亡誘発 (PIG) 能力が発動しないという強力な効果がある。

《虚空の力線/Leyline of the Void》と共に,永続的な墓地対策カードとしては最高クラスのカードだ。

白を使う上では是非とも保持しておきたい1枚のカードだ。

今回3枚目を購入したのは,単純な墓地対策ではなく,ヘルムピースコンボのためだ。

白で可能な瞬殺2枚コンボで,なおかつトーナメントレベルのものは数が少ない。ヘルムピースコンボは2+5の7マナで達成でき,墓地対策もできるということでトーナメントでの実績もある。

《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》のような強力カードが出てくると,盤面を構築するのが面倒くさくなるので,こうした瞬殺コンボもありだろうとコンボ成立確率向上のため買い増しした。

《Helm of Obedience》も2枚持っているが,再録禁止カードであり値段が購入時の2000円半ばから3000円前半とじわじわと上がってきている。残り2枚もどこかで購入したいなと思う。

テーロス還魂記でバリヘルコンボが成立する。このコンボと同居させるのに,ヘルムピースや《丸砥石/Grindstone》がありではないかと考えている。

同じくテーロス還魂記に収録されている《牧歌的な教示者/Idyllic Tutor》を併用することで,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》や《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》と合わせて,コンボパーツをそれぞれ12枚にかさ増しできる。さすがにこれだけパーツ枚数をかさ増しできれば,初手でコンボを揃えることも十分可能だ。

今後検討していきたい。

告知: 今月参加予定大会 (1/15 Wed 14:00 晴れる屋TC, 1/28 Tue 11:00 晴れる屋TC)

今月の参加予定大会を告知する。

  • 1/15 Wed 14:00: 晴れる屋 平日レガシー
  • 1/28 Tue 11:00: 晴れる屋 平日サービスレガシー

1月から仕事をしておらず,自宅でニート生活を過ごしている。具体的には,確定申告の準備で1月の第2週は終わった。

今月までは2月以降の仕事を探しており1/15 Wedは面談で外出予定が入ったため,その帰りに大会に参加することにした。

その他,1/28 Tueは新宿の湘南美容クリニックにひげ脱毛にでかけるので,そのついでに参加することにした。

ともに平日日中の時間であり,大会が成立するのか微妙だが,期待のテーロス還魂記の発売前後の環境を楽しもうと思う。

1/15 Wedは《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》対策を施したエルドラージ・ホワイトで参加する。1/28 Tueはエルドラージ・ホワイトに《丸砥石/Grindstone》やヘルムピースを搭載したお試しデッキで参加しようかなと思う。

まだ2019年の決算などできていないが,今年はこれくらいの軽い内容でも,どんどん投稿していこうと思っている。

該当時間前後であればフリープレイも可能であるので,参加予定の方はひとつ手合わせ願いたい。

カード評価: テーロス還魂記 | 新しい白の瞬殺2枚コンボが成立する期待のカードセット

概要

2020-01-24 Fri発売の新しいカードセット「テーロス還魂記」の全カードリストが2020-01-11 Satに公開された。

自分がMTG休止中に発売されたテーロスと同じ次元が舞台のカードセットであり,エンチャントにフォーカスが当たったカードセットだ。

2019年はエターナル環境に多大な影響を与えたカードセットが続々発売された一方,白使いとしてはたいした新戦力を獲得できず,冬の時代の1年だったように感じた。

しかし,今回のテーロス還魂記には久々となる白の瞬殺2枚コンボを成立させるカードが収録され,2020年に期待を持てる始まりとなった。

特に白のエターナル環境で注目している以下のカードをレビューする。

  1. 太陽の恵みの執政官/Archon of Sun’s Grace
  2. メレティス誕生/The Birth of Meletis
  3. 障害の幻霊/Eidolon of Obstruction
  4. エルズペス、死に打ち勝つ/Elspeth Conquers Death
  5. 太陽の宿敵、エルズペス/Elspeth, Sun’s Nemesis
  6. 太陽冠のヘリオッド/Heliod, Sun-Crowned
  7. ヘリオッドの介入/Heliod’s Intervention
  8. 牧歌的な教示者/Idyllic Tutor
  9. 卓絶した特使/Transcendent Envoy

評価

太陽の恵みの執政官/Archon of Sun’s Grace

Archon of Sun's Grace {2}{W}{W}
Creature — Archon
Flying, lifelink
Pegasus creatures you control have lifelink.
Constellation — Whenever an enchantment enters the battlefield under your control, create a 2/2 white Pegasus creature token with flying.
3/4

単純に4マナ3/4飛行絆魂は強い。《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade》のタフネスが4ならばと思うことがあったが,とうとう登場した。

タフネス4でデルバー・青赤の《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration》と主要火力である《稲妻/Lightning Bolt》に耐えられ,絆魂でライフで優位に立てる。

星座能力もエンチャントのプレイで2/2飛行トークンを生成と強力だ。もっとも,エターナル環境ではエンチャントはなかなか採用されないため,こちらは少々工夫が必要となる。

《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》や《修復の天使/Restoration Angel》などと共に,今後の白の中堅クリーチャーの選択肢の1枚となる優良クリーチャーだ。

メレティス誕生/The Birth of Meletis

The Birth of Meletis {1}{W}
Enchantment — Saga
(As this Saga enters and after your draw step, add a lore counter. Sacrifice after III.)
I — Search your library for a basic Plains card, reveal it, put it into your hand, then shuffle your library.
II — Create a 0/4 colorless Wall artifact creature token with defender.
III — You gain 2 life.

今回のカードの中で2番目に注目しているカードだ。プレイで基本土地サーチ,0/4壁生成,2点のライフゲインと地味な能力ではある。キャントリップ持ちの《前兆の壁/Wall of Omens》と性質がよく似たカードだ。

プレインズウォーカーのキャストのためのマナ確保と,それまでの時間稼ぎとして役に立ちそうだ。

こちらは英雄碑であり能動的にキャストしていけること,自分から墓地に落ちてくれるところがポイントとなる。モダンホライゾンで《ヘリオッドの高潔の聖堂/Hall of Heliod’s Generosity》が登場したが,肝心の自分から能動的に墓地に落ちるエンチャントがあまりないため,そこまで使われていない。

デッキ内エンチャントのかさ増しとして基本の1枚になりえるカードに感じた。

この後に評価する太陽冠のヘリオッドとも相性のいいカードだ。3番目の2点ゲインでヘリオッドの能力が誘発して,最低限生成した壁を強化できるのもポイントが高い。

障害の幻霊/Eidolon of Obstruction

Eidolon of Obstruction {1}{W}
Enchantment Creature — Spirit
First strike
Loyalty abilities of planeswalkers your opponents control cost {1} more to activate.
Death turned admirable conviction into pointless intransigence.

2/1先制攻撃でプレインズウォーカーの忠誠度能力に追加の1マナを要求するエンチャント・クリーチャーだ。

待望のプレインズウォーカー対策クリーチャーではあるが,たった1マナの課税で少々能力が弱く感じる。これなら能力を禁止できる《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》のほうが強く感じる。

いっそのことお互いの忠誠度能力の禁止でよかったのでは感じる。今後の白のPW対策カードに期待したい。

エルズペス、死に打ち勝つ/Elspeth Conquers Death

Elspeth Conquers Death {3}{W}{W}
Enchantment — Saga
I - Exile target permanent an opponent controls with converted mana cost 3 or greater.
II - Noncreature spells your opponents cast cost {2} more to cast until your next turn.
III - Return target creature or planeswalker card from your graveyard to the battlefield. Put a +1/+1 counter or a loyalty counter on it.

アドバンテージのとれる英雄碑だ。1番目の能力で戦場の脅威を除去し,3番目の能力でクリーチャーかPWをリアニメイトする。

2番目の2マナの課税能力はこのカードをキャストするゲーム中盤〜終盤ではあまり意味がないように感じる。

《悟りの教示者/Enlightened Tutor》でのサーチ対象にはなりえるが,5マナと少々重く,扱いがやや難しく感じた。

太陽の宿敵、エルズペス/Elspeth, Sun’s Nemesis

Elspeth, Sun's Nemesis {2}{W}{W}
Legendary Planeswalker — Elspeth
−1: Up to two target creatures you control each get +2/+1 until end of turn.
−2: Create two 1/1 white Human Soldier creature tokens.
−3: You gain 5 life.
Escape—{4}{W}{W}, Exile four other cards from your graveyard. (You may cast this card from your graveyard for its escape cost.)
Loyalty: 5

テーロス還魂記の主人公的存在の新しいエルズペスだ。おそらく初の脱出持ちのPWだ。脱出前提ということで忠誠度能力は全てマイナスとなっている。

クリーチャー強化,トークン生成,ライフゲインとどれも地味な能力となっている。トークン生成では,《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》や《慈悲深きセラ/Serra the Benevolent》が基準となるため,少々弱く感じる。

脱出で再利用できるものの,肝心のベース能力が1/1トークン2体の生成がメインであり,エターナル環境では少々厳しく感じる。

太陽冠のヘリオッド/Heliod, Sun-Crowned

Heliod, Sun-Crowned {2}{W}
Legendary Enchantment Creature — God
Indestructible
As long as your devotion to white is less than five, Heliod isn’t a creature.
Whenever you gain life, put a +1/+1 counter on target creature or enchantment you control.
{1}{W}: Another target creature gains lifelink until end of turn.
5/5 

今回のカードセットで1番の注目カードだ。

白への信心が5以上でクリーチャーとなる5/5破壊不能のエンチャント・クリーチャーだ。ライフゲイン時に+1/+1カウンターをクリーチャーに設置でき,1Wで絆魂を付与できる。クリーチャー化できなくても,自身の能力だけである程度完結している。

単体でもソウルシスターズと相性のいいカードではあるが,これだけだとそこまで注目していなかった。《歩行バリスタ/Walking Ballista》との2枚瞬殺コンボ (バリヘルコンボ) を形成でき,カードの評価が一気に上がるカードだ。

《歩行バリスタ/Walking Ballista》をX=2でキャストし,絆魂を付与してから,能力でダメージを与えると,太陽冠のヘリオッドの効果でライフゲイン時に+1/+1カウンターを設置でき,無限ダメージ無限ライフを実現する。

実用的な瞬殺コンボの条件としては以下の3の条件が重要になる。

  1. コンボ成立マナ
  2. コンボ成立枚数
  3. 単体のカードパワー

バリヘルコンボは一度に決めようとなると9マナかかる。が,分割して支払ったり,何らかの方法で《歩行バリスタ/Walking Ballista》のサイズを上げることができれば,コンボ成立時には絆魂を付与する1Wマナで済む。

2枚コンボであり,どちらのカードも《悟りの教示者/Enlightened Tutor》でサーチでき,《歩行バリスタ/Walking Ballista》に至っては《護衛募集員/Recruiter of the Guard》,《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》でもサーチ可能である。

単体のカードパワーとしては,《歩行バリスタ/Walking Ballista》は単体でも十分使われるカードだ。太陽冠のヘリオッド自体はそこまでだが,破壊不能の能力で先置きの安心感があり,能力がある程度自己で完結しており,ビート系デッキに採用できるカードだ。

以上のように,バリヘルコンボはこれらの3条件を満たしており,実用的なコンボだ。テーロス還魂記の発売直後にパイオニアがメインのマジック・フェストが開催されることもあり,《歩行バリスタ/Walking Ballista》と太陽冠のヘリオッドの高騰が予想される。

パイオニアでは正直今後どちらかが禁止される可能性が高いので,発売後値段が落ち着いた段階で購入を検討したい。

ヘリオッドの介入/Heliod’s Intervention

Heliod's Intervention {X}{W}{W}
Instant
Choose one —
• Destroy X target artifacts and/or enchantments.
• Target player gains twice X life.

XWWの《解呪/Disenchant》にライフゲインのモードを選べるようになったものだ。X=1で使う場合,《解呪/Disenchant》の下位互換になってしまうが,X=2以上でキャストできれば,《塵への帰結/Return to Dust》相当以上であり,悪くない。

エンチャント・アーティファクトの大量破壊では,《静寂/Serenity》のほうが軽い。自分の置物を巻き込みたくないストンピィ系,コントロールデッキのサイドボードとして可能性がある。

牧歌的な教示者/Idyllic Tutor

Idyllic Tutor / 牧歌的な教示者 (2)(白)
ソーサリー

あなたのライブラリーからエンチャント・カードを1枚探し、それを公開し、あなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。

モーニングタイドからの待望の再録となる。何の需要だったのか不明だが,地味に値段が1枚1500円程度と高騰していたため,再録で供給が増えて値下がりしてよかった。

ただ序盤にサーチしたいならば,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》のほうが軽い。《悟りの教示者/Enlightened Tutor》の追加として,《オパール色の輝き/Opalescence》系デッキで採用されるだろうか。

今後強力なエンチャントが登場すると価値が高まる可能性のあるカードではある。

卓絶した特使/Transcendent Envoy

Transcendent Envoy {1}{W}
Enchantment Creature — Griffin
Flying
Aura spells you cast cost {1} less to cast.

1W 1/2飛行でオーラのキャストを1減少させる。オーラ絡みのコンボの可能性を感じるカードではある。

ただし,無色のオーラは《エルドラージの徴兵/Eldrazi Conscription》しかなく,ストーム的な使い方が難しい。

そもそも,オーラはアドバンテージやテンポを失う可能性が高く,扱いが難しいメカニズムだ。

結論

久しぶりの白の瞬殺2枚コンボを成立させる「太陽冠のヘリオッド/Heliod, Sun-Crowned」が登場し,その他にも「太陽の恵みの執政官/Archon of Sun’s Grace」や「メレティス誕生/The Birth of Meletis」など白が強化されるカードセットだった。

以下のカードは購入予定だ。

  • 3枚: 太陽冠のヘリオッド/Heliod, Sun-Crowned
  • 4枚: メレティス誕生/The Birth of Meletis

複数の勝利パターンを用意して,対策しにくくすることが最近のコンボデッキの流行であり,勝利へのポイントとなっている。

その点,バリヘルコンボは単体でそれなりのカードパワー同士の2枚コンボであり,通常のビートデッキに採用しやすいので,可能性を感じる。

正直,《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》が環境を支配して,盤面を構築するのが面倒くさくなってきている。バリヘルコンボのように,ペインターやヘルムピースのような瞬殺2枚コンボデッキを使ったほうがいいような気がしてきている。

新セットの発売と発売後のメタゲーム環境の変動に注目したい。

購入報告: MTGで最も有名な天使の主

概要

2020-01-03 Fri 11:47にカードラッシュで以下のカードを購入した。

  • [商品名]:[PLD]虚空の杯/Chalice of the Void《英語》【MRD】[こくうのさかずき] 4,680 円 x 1 個 4,680 円
  • [商品名]:[EX+]聖域の僧院長/Sanctum Prelate《英語》【CN2】[せいいきのそういんちょう] 1,280 円 x 1 個 1,280 円
  • [商品名]:慈悲深きセラ/Serra the Benevolent《英語》【MH1】[じひぶかきせら] 390 円 x 1 個 390 円
  • [商品名]:慈悲深きセラ/Serra the Benevolent《日本語》【MH1】[じひぶかきせら] 390 円 x 1 個 390 円
  • 商品 6,740 円
  • 送料 0,170 円
  • 合計 6,910 円

新年初回の晴れる屋TC Let’s 5 レガシーDXの参加直前に注文したカードだ。

前回の購入報告に続き,またしても《虚空の杯/Chalice of the Void》を購入した。これで4枚目の《虚空の杯/Chalice of the Void》が揃った。

その他に,《虚空の杯/Chalice of the Void》と似た効果を持つ《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》と,追加のプレインズウォーカーとして《慈悲深きセラ/Serra the Benevolent》を購入した。

どれも相場最安クラスで購入でき,満足の買い物だった。

効果

《虚空の杯/Chalice of the Void》については前回の購入報告で効果を説明したので,その他のカードの効果を説明する。

《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》

《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》の効果は以下となる。

Sanctum Prelate / 聖域の僧院長 (1)(白)(白)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)
聖域の僧院長が戦場に出るに際し、数を1つ選ぶ。
点数で見たマナ・コストが選ばれた数に等しい、クリーチャーでない呪文は唱えられない。
2/2

指定したマナコストのクリーチャー以外の呪文のキャストを禁止する。《虚空の杯/Chalice of the Void》と異なる点は以下の2点だろう。

  1. マナコストの指定の柔軟性
  2. キャスト自体の禁止
  3. クリーチャー

1マナ域を止める目的では,《虚空の杯/Chalice of the Void》のほうが速効性と範囲が広い。しかし,《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》は《実物提示教育/Show and Tell》デッキ相手に重要な3マナ域を止めることができる。

その他,《否定の力/Force of Negation》,《呪文貫き/Spell Pierce》,《呪文嵌め/Spell Snare》などのカウンターに引っかからない点も見逃せない。

《護衛募集員/Recruiter of the Guard》からサーチ可能であり,《虚空の杯/Chalice of the Void》とセットで使うのもありだろう。

今まで1枚しか保持しておらず,素引きする可能性を上げるために2枚目を購入した。

《慈悲深きセラ/Serra the Benevolent》

《慈悲深きセラ/Serra the Benevolent》の効果は以下となる。

Serra the Benevolent / 慈悲深きセラ (2)(白)(白)
伝説のプレインズウォーカー — セラ(Serra)
[+2]:ターン終了時まで、あなたがコントロールしていて飛行を持つクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
[-3]:飛行と警戒を持つ白の4/4の天使(Angel)クリーチャー・トークンを1体生成する。
[-6]:あなたは「あなたがクリーチャーをコントロールしているなら、あなたのライフ総量を1点未満に減少させるダメージは、代わりにあなたのライフ総量を1点になるまで減少させる。」を持つ紋章を得る。
4

MTGで最も有名な天使である《セラの天使/Serra Angel》の主のセラの待望のカード化であり,白使いとしては外すことのできないカードだ。

基本的には-3能力で《セラの天使/Serra Angel》相当の天使を生成するのが主な用途だろう。ただし,単純に4マナ4/4飛行・警戒+αは強い。《セラの天使/Serra Angel》を2回生成する呪文と割り切っても十分強いだろう。

モダンホライゾンのパッケージ・イラストとして目玉カードの一つでもあったが,大会ではあまり採用事例がなく,値段が380円程度と比較的安価になっていた。パイオニア需要で同じく4マナのプレインズウォーカーとして有力な《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》が1500円程度とじりじり値上がりしており,その代わりではないが試してみたかったのでこのタイミングで購入した。

1月末のマジック・フェストが終了すると,《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》の値段が落ち着くと予想しており,こちらはそのタイミングで買い増ししたい。

《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》への対策としては,7点クロックになる《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》のほうがやや有利だ。ただし,《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》が生成する3/3の鹿を突破できるという意味では,《セラの天使/Serra Angel》も悪くない。

前回の大会で当たったホガークデプスのように,飛行持ちが重要な盤面もありえる。

結論

念願の《虚空の杯/Chalice of the Void》の4枚目をとうとう購入した。これで現環境を支配する1マナ呪文と対抗できる。長く使い込んでいきたい。

その他,白の優良カードの《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》と《慈悲深きセラ/Serra the Benevolent》も購入した。

余談だが,Eternal Party 2019東京大会で《虚空の杯/Chalice of the Void》入りのマーフォークがトップ8に残っていた。これを受けて,やはり《虚空の杯/Chalice of the Void》入りのDeath & Taxesもありではないかと思った。

D&Tはあまり好きなデッキではなかったが,《虚空の杯/Chalice of the Void》入りのパターンはまだ試したことがなく,検討の価値がある。数年振りに使うのもありに感じた。

また,2020-01-24発売予定のテーロス還魂記に収録されている「太陽冠のヘリオッド」が《歩行バリスタ/Walking Ballista》と無限コンボを形成することが巷で話題になっており,《歩行バリスタ/Walking Ballista》の値段が高騰している。白使いとしては,久しぶりの2枚コンボでありこちらも動向を注視していきたい。

これらを検討しながら,ひとまずは次回のエルドラージ・ホワイトの活躍に期待したい。

購入報告: ストンピィデッキに必須のあらゆる呪文を打ち消す置物

概要

2020-01-01 Wedにメルカリで《虚空の杯/Chalice of the Void》のミラディンのイタリア語版を4888円で購入した。

丁度,カードボックス高槻店の新春デュアラン争奪レガシーで惨敗した晩に,メルカリで《虚空の杯/Chalice of the Void》を探していて見つけた。

ヘビープレイドで状態は悪いのだが,値段が4888円と相場最安以下だったので思わず購入した。丁度,お正月に5 %のポイントバックのクーポンが配布されており,2020-01-31 Friまでのメルペイスマート払いで3 %ポイント還元も活用してうまく購入できた。

個人間取引で心配だったので,念のためライトチェックと重さチェックを実施した。

これで3枚目の《虚空の杯/Chalice of the Void》を入手できた。

効果

《虚空の杯/Chalice of the Void》の効果は以下の通りだ。

Chalice of the Void / 虚空の杯 (X)(X)
アーティファクト
虚空の杯はその上にX個の蓄積(charge)カウンターが置かれた状態で戦場に出る。
プレイヤーが、この上に置かれている蓄積カウンターに等しい点数で見たマナ・コストを持つ呪文を1つ唱えるたび、その呪文を打ち消す。

特定のマナコストの呪文を永続的に打ち消すことができる。低マナ域に優良カードがひしめくエターナル環境では,ストンピィデッキにおいて必須の1枚だ。

基本的にはX=1で設置し,場合によってはX=2やX=0で設置する。《魂の洞窟/Cavern of Souls》や《突然の衰微/Abrupt Decay》のように打ち消されない呪文には効果がないので注意が必要だ。

日本語の読みがなは「こくうのさかずき」であり,「こくうのはい」ではないことに注意が必要だ。最近までずっと「こくうのはい」と呼んでしまっていた。

従来の白ウィニーでは,自分も1マナのクリーチャーや《剣を鍬に/Swords to Plowshares》を使う都合,採用されることはあまりなかった。2マナランドや《金属モックス/Chrome Mox》・《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》を採用するエンジェル・ストンピィや白スタックス,白エルドラージなどで採用されるカードだった。

しかし,今のレガシー環境で白ウィニーが生き残るにはこのカードが必要だと感じる。理由は,《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》と《戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanist》だ。

共に使い終わった1マナの除去である《剣を鍬に/Swords to Plowshares》や《稲妻/Lightning Bolt》や《稲妻の連鎖/Chain Lightning》を連発してくる。そして,共に1マナのドロー呪文である《渦まく知識/Brainstorm》や《思案/Ponder》も連発してきて,ゲームが長引けば長引くほど除去を連発される可能性が高くなる。

1ゲームで5-6発の除去を打たれることを覚悟する必要があり,プロテクションなどの除去耐性やアドバンテージを稼ぐ手段がなければ,戦場にクリーチャーを留めるのが難しい。

墓地対策などいくつか対策はあるが,これらのデッキはデッキの大半を1マナの呪文で構成されているので,単純に《虚空の杯/Chalice of the Void》で1マナの呪文を禁止するのが手っ取り早い

実際,《虚空の杯/Chalice of the Void》を出しただけで勝てるゲームもあるくらいだ。1-2ターン目に展開するのはもちろん強いが,中盤以降に引いてもそれ以降のドロー呪文と除去を封じ込められるので悪くない。

《虚空の杯/Chalice of the Void》を使うためにデッキ構成を変更する価値は十分あるだろう。

結論

念願の3枚目の《虚空の杯/Chalice of the Void》を入手できた。エターナル環境で単色ビートデッキを組む上で年々価値の高まってきているカードだ。

中盤以降に出しても悪くないとはいえ,やはり序盤の1-2ターン目に設置したい。それには,デッキへの採用枚数を増やして,初手に引く確率を高めることが大事だ。残り1枚の4枚目も入手してデッキに採用したい。

告知: メインサイトのMTG関連投稿の新サイトへの分離とDiaryNoteのサイト名の改名

概要

今まで,MTG関連の投稿をメインサイトDiaryNoteのせのおの日記に同時投稿していた。

この内,メインサイトに投稿していたものをMTG専用の新サイトの「エターナルホワイトマジック/Eternal White Magic」に分離することにした。MTG専用サイトにアクセスしやすいように,メインサイトのヘッダーに「MTG」のメニューを追加した。

DiaryNoteには,プロフィールに新サイトのURLを既に記載済みだ。

実際には,2019-11-24 Sun投稿の「購入報告 | たった2マナでプレインズウォーカーを除去できる白のカード – エターナルホワイトマジック/Eternal White Magic」から新サイトに投稿し始めている。

年末は仕事や資格試験や個人事業主の準備などで忙しくて,このタイミングでの告知となってしまった。

2019-11-24 Sun以前の過去の投稿もいずれは新サイトに移転 (リダイレクト) しようと思っている。

背景

サイトの分離は以下3点の理由で実施した。

  1. メインサイトの内容がごちゃまぜであり,MTG記事の読者にとっては,MTGだけを扱ったサイトのほうが都合が良い。
  2. 記事の量が多くなり,今後も増加予定のため,別サイトに分離したほうが管理しやすい。
  3. メインサイトの投稿のパーマリンクの都合,投稿日の調整が必要だった。

メインサイトは1日1投稿のパーマリンクの構成を取っている都合,投稿日の調整が必要であり,MTG関連の記事の投稿を控えていたという事情もあった。別サイトに分離したことで,日程の調整の自由度が高くなり,以前より高頻度の投稿が可能になる。

また,別サイトに分離することで,カテゴリー分けやタグ付け,サイト構成など,柔軟性が高くなる。

改名

思えば,DiaryNoteでの2010-06-12の初投稿から,6年の休止期間はあるものの10年以上に渡り100以上の記事を投稿してきた。

その間,一貫して白ウィニーまたは白単のデッキを使い続けてきた。そして,今後も白以外の色を使うつもりはない

そこで,エターナル環境の白に特化したサイトの意味を込めて,新サイトの名前を「エターナルホワイトマジック/Eternal White Magic」と名付けた。また,これに合わせてDiaryNoteのサイト名を「せのおの日記」から「えた〜なるほわいとまじっく」に改名することにした。

基本的には,今後も新サイトとDiaryNoteには同じ内容を同時投稿するつもりでいる。ただし,サイト名が同名だと紛らわしいので,DiaryNoteをひらがな表記にすることにした。

結論

エターナル環境といいつつも,今はレガシーしかやっていない。ただし,将来的にはヴィンテージにも白ウィニーや白単で挑みたいと思っている。

今後も日々の活動として大会報告や購入報告を継続する。それに加えて,白ならではの考察や有益な記事を以前よりも高頻度に投稿していきたいと思う。

サイト名やサイトが分離されても中の人間に変わりはないので,今後も同じようにご覧いただきたい。