デュラハン

購入したものとそうでない内容は別記事にすることでテーマを別に設定できるので後で探すときに便利だと気付いた。

閑話休題。

ネット通販で《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》を購入した英語版と日本語版各1枚ずつ。一枚600円で計1200+送料100=1300円でした。3/24に確か届いたっけ。

タイトル名はこのカードのモチーフになっているらしいおばけの名前。

しもべさんの日記
http://kingslover34.diarynote.jp/201203182253327057/

に触発されて自分の白単にも組み込もうと思い購入。あまりやすく置いてあるお店がなくて苦労した。本当は3枚欲しかったけれど、一つのお店でそろえれそうになかったので、残りは別の機会に買うことにした。

購入の理由は、たしか3/15に友人と久しぶりにMTGで遊んだのだけれど、そのときの友人の青白石鍛冶?に完全敗北して途方に暮れていた。(またその日の様子は時間のあるときの書きたい)
それで、どうすればよいか考えていたところにしもべさんの記事を読んでこれはいけると思い、後先考えずに購入しました(笑)。

こてんぱんにやられたときはいつもいろんなデッキのアイデアが思いつくのでよいですよ。

とりあえず、未完成だったターボバランスのフィニッシャーとして適任なやつが思いついた。
それと、丁度そのときに行われた大会の上位にいた久しぶりにみたD&Tのデッキが参考になりそう。それと、幽体の行列 の出番とか《月皇ミケウス/Mikaeus, the Lunarch》とか。

このあたりも別記事で詳しく書いてみたい。
とりあえず、購入履歴だけここに残す。

コメント
たま たま2012年3月26日10:11
このカードかこいいよねw
使ってないけど好きなカードですわ
イエネコ イエネコ2012年3月27日1:08
レガシーで使われているのはほとんどみたことがありません。(一回だけ使われたことがあります)
けれど、瞬唱と剣鍬の除去の連打を無視して生物を場に残せるのでチャンスがあるのではないかと思っています。
イラストはよく見ていなかったのですが、よく見ると確かにかっこいいですね(笑)月をバックにしているところとか

《万力鎖/Manriki-Gusari》を購入

題名通りの内容です。

本日ヤフオクで落札した《万力鎖/Manriki-Gusari》が到着した。
英語版で1枚。送料込みで300円でした。

なかなかこのカード置いているお店がなくて、探すのが面倒なのでヤフオクで落としました。
《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》が流行ってからサイドに採用したレシピがあって気にしていたけれど、置いてなくて買うのが面倒だったので後回しであった。

一枚あれば十分で石鍛冶がいる限り有効であとあと値段が上がりそうだったので今の段階で購入。石鍛冶を使う限りサイドに一枚取っておくと、同系のときに安心。役に立つかは別として(苦笑)。
実際のところ、《沈黙のオーラ/Aura of Silence》とかでも対策としては問題ないようには思うのだけれど…

これで、この間載せたエメリアコンを完成させるには《太陽のタイタン/Sun Titan》1枚を準備するだけとなった。いまだいたい1枚600円くらい。M2013にも再録されるかな…
買うか…?

白ウィニーの方はあと《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》が必要でこいつは今2600円程とけっこうなお値段で少し迷っているところ。《肉体と精神の剣/Sword of Body and Mind》で我慢するか?

どこかの段階で自前でそろえたいな…

石鍛冶の相手は他の人はどう思っているのだろうか?
僕は石鍛冶を相手にした回数がそんなにないけれど、こいつを相手にするのは頭が痛い。
自分が使っていていうのもなんだけど、本当に相手にするのがしんどい。
まだ《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》の方が楽だ。

持って来られて困るのは《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》。こちらはほとんどタフネス1だから、一回でも通るとかなりきつい。通るとたいがいそのあと《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》や《忘却の輪/Oblivion Ring》が引けなくて負ける。

他は《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》。昨年のレガシー日本選手権でラウンド7でZooにこれを使われて嫌な思いをした。プロテクション白がほとんどこちらが手を打てなくてダメージレースで負ける。同様な理由で《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》もだけど、レガシーではこちらは採用されている例をみたことがない。使われたこともない。

石鍛冶→《殴打頭蓋/Batterskull》の流れは序盤なら石鍛冶を除去すれば特に何ともないので実際のところそこまでの脅威とはなりませんね。

今後のためにも、そのうち石鍛冶で最初にどの装備品を持ってくるかについて考察でもしようかしら…

Grand Prix Indianapolis 2012 雑感

3/11に Grand Prix Indianapolis 2012 というMTGのレガシーの大会があったようだ。
リンク参照
http://www.wizards.com/magic/magazine/article.aspx?x=mtg/daily/eventcoverage/gpind12/welcome

優勝者は青白黒のデッキ。準優勝は赤スレッショルド

トップ8のデッキリストを見て思ったことを書く。

トップ8の内訳は

赤スレッショルド 2
緑白(マーヴェリック?) 2
青白石鍛冶 1
青白黒 石鍛冶? 1
high tide 1
発掘 1

というもの。
この中で緑白デッキには共に スレイベンの守護者、サリア が採用されてい興味深かった。

以下に両者のデッキを掲載します。

Pascal Maynard
2012 GP Indianapolis Top 8 – Legacy

Main Deck
60 cards

1 Dryad Arbor
3 Forest
1 Gaea’s Cradle
1 Horizon Canopy
1 Karakas
1 Maze of Ith
1 Misty Rainforest
1 Plains
4 Savannah
4 Wasteland
4 Windswept Heath
22 lands

2 Aven Mindcensor
1 Gaddock Teeg
4 Knight of the Reliquary
4 Mother of Runes
4 Noble Hierarch
3 Qasali Pridemage
2 Scavenging Ooze
1 Scryb Ranger
1 Sylvan Safekeeper
2 Thalia, Guardian of Thraben
24 creatures

1 Crucible of Worlds
4 Green Sun’s Zenith
1 Path to Exile
4 Swords to Plowshares
1 Sylvan Library
2 Umezawa’s Jitte
13 other spells

1 Elspeth, Knight-Errant
1 planeswalker

Sideboard
1 Bojuka Bog
2 Choke
2 Enlightened Tutor
1 Ethersworn Canonist
1 Path to Exile
1 Phyrexian Metamorph
1 Rule of Law
1 Stony Silence
1 Surgical Extraction
2 Thrun, the Last Troll
1 Tormod’s Crypt
1 Wheel of Sun and Moon
15 sideboard cards

Dan Jordan
2012 GP Indianapolis Top 8 – Legacy

Main Deck
60 cards

1 Dryad Arbor
3 Forest
2 Horizon Canopy
1 Karakas
1 Maze of Ith
1 Misty Rainforest
1 Plains
4 Savannah
4 Wasteland
4 Windswept Heath
22 lands

1 Gaddock Teeg
4 Knight of the Reliquary
4 Mother of Runes
4 Noble Hierarch
2 Qasali Pridemage
3 Scavenging Ooze
3 Stoneforge Mystic
3 Thalia, Guardian of Thraben
24 creatures

4 Green Sun’s Zenith
1 Sword of Body and Mind
1 Sword of Light and Shadow
4 Swords to Plowshares
2 Sylvan Library
1 Umezawa’s Jitte
13 other spells

1 Elspeth, Knight-Errant
1 planeswalker

Sideboard
1 Bojuka Bog
3 Choke
1 Elspeth, Knight-Errant
2 Ethersworn Canonist
1 Grafdigger’s Cage
3 Gut Shot
2 Path to Exile
2 Tormod’s Crypt
15 sideboard cards

 両者とも構成は似ている。
 Pascalさんのデッキは《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》を採用していない。しかし、《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》を2枚取っている。
 一方Danさんのデッキは《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》を採用し、装備品に《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》と《肉体と精神の剣/Sword of Body and Mind》、《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》をそれぞれ採用している。

 サリアの採用について、ともに非生物呪文が十数枚ということで自分への影響が少ない。また、コンボ系デッキへの懸念があったためメインから採用しているのだろうか?
 以前から、サイドに《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》を採用しているのは見かけていたけれど、メインから《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》と《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》以外の白のコンボメタ生物が入ったのはみたことが無かった。

 実際に《High Tide》が上位に入っていることをみると採用はよかったということか。
石鍛冶を採用しても《殴打頭蓋/Batterskull》を採用しないという考えは面白いです。確かに、序盤に石鍛冶から《殴打頭蓋/Batterskull》をサーチしても、石鍛冶を除去されると手札で腐るだけです。それよりかは出せる、剣の方がよいですね。プロテクションつきますし。

コメント
しもべの一人、H しもべの一人、H2012年3月14日3:05
こんばんは、お返事遅くなりました。しもべです。

リンク、日記への感想共にありがとうございました。
あの様に仰ってくれると書いた甲斐があります。

実はイエネコさんのDNは以前NO goyf、バランスを使ってらっしゃる時に拝見させて頂いてました。まさかあれから時を経て、エメリア婚(なんか変換したら一発目でこれが出ました。間違ってないのでこのままにしときますw)使いになっているとは…時代の流れとは恐ろしいものですw

こちらからもリンクさせて頂いたので、今後はよろしくお願いします。
イエネコ イエネコ2012年3月14日23:54
うわ、バランスの時の記事を見てくださっていたのですか!
驚きです…。ちょっとは人がみることを意識して書かないといけませんね(笑)。

ここしばらくは縮小気味で大会にもでておらず、中身のあることは書いていませんが、細々と続けていきたいと思っています。

しもべさん(とお呼びさせていただきます)
の書いている礼儀正しくてユーモアのある文章を見て、知り合いの印象から理系で研究好きそうな人だと勝手に想像しています。今後の記事も楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いします。

爆弾とエメリアコン

趣味のカードゲームのMTGの話。

この間ヤフオクで《漸増爆弾/Ratchet Bomb》を落札した。

英語版4枚で合計2200円。一枚当たり540円という計算。
いま未練ある魂のせいでトークンが流行るという予兆なのかその対策カードとして有効な
《漸増爆弾/Ratchet Bomb》の値段が上昇していた。以前は400-500円くらいだったが、いまは750円程だ。

このカードは汎用性が高く、この機会を逃すと値下がりしないと判断したので購入した。
単色でも使えるのがよくて、白単エメリアに使いたいと考えていた。

もう半年以上前の最後に使っていたエメリアコンは以下のデッキ。

22 土地
15 平地
4 不毛の大地
3 エメリアの遺跡

22 生物
4 石鍛冶の神秘家
4 前兆の壁
4 ちらつき鬼火
4 巡礼者の目
2 遍歴の騎士、エルズペス
2 太陽のタイタン
2 永遠のドラゴン

16 呪文
3 審判の日
3 忘却の輪
4 剣を鋤に
3 漸増爆弾
1 火と氷の剣
1 梅澤の十手
1 迫撃鞘

15 サイド
3 大祖始の遺産
2 悟りの教示者
1 ルーンの光輪
1 静寂
2 真髄の針
2 アメジストのとげ
2 エーテル宣誓会の法学者
2 エイヴンの思考検閲者

 サイドなどまだ練りきれていない。けれど、《審判の日/Day of Judgment》や《太陽のタイタン/Sun Titan》などの大技を持っていて、でも《ちらつき鬼火/Flickerwisp》や各種CIP生物たちでアドを取りながら中盤も攻めれて気にいっている。アドバンテージ重視なコントロールデッキ。
 僕は《漸増爆弾/Ratchet Bomb》まで採用して除去を多めに取っている。エメリアコンは白単コントロールデッキという位置づけになると思う。コントロールは先のことまで考えて慎重に序盤を耐えないといけなくて難しい印象だった。あまり考えるのは得意でないのでミスが出にくいように使いやすく、除去を多めに取っている。

 kohさんの大会での優勝を受けて、僕もこのデッキで大会にでて遊んでみようと考えていた。
それで上記のデッキを改良したのが以下のリスト。

22 土地
12 平地
4 不毛の大地
3 エメリアの遺跡
2 《埋没した廃墟/Buried Ruin》
1 《コーの安息所/Kor Haven》

22 生物
4 石鍛冶の神秘家
3 前兆の壁
4 ちらつき鬼火
4 巡礼者の目
3 遍歴の騎士、エルズペス
2 太陽のタイタン
2 永遠のドラゴン

16 呪文
4 剣を鋤に
3 審判の日
3 忘却の輪
3 漸増爆弾
1 火と氷の剣
1 梅澤の十手
1 《殴打頭蓋/Batterskull》

15 サイド
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
3 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
1 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
1 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《石のような静寂/Stony Silence》
1 《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》
1 《沈黙のオーラ/Aura of Silence》
1 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《万力鎖/Manriki-Gusari》

《万力鎖/Manriki-Gusari》1と《太陽のタイタン/Sun Titan》1は持っていないので借りるか買うかしないと…。
まだ実際に動かしたことが無いので、ここから調整が必要だとは思っている。

変更点について記述する。
・土地について。
 枚数はそのままに平地を削って、《埋没した廃墟/Buried Ruin》と《コーの安息所/Kor Haven》を採用してみた。個人的に《埋没した廃墟/Buried Ruin》は《漸増爆弾/Ratchet Bomb》や破壊されたり打ち消された装備品を使いまわせて強いと思っているのだけれどどうだろうか?土地事故のリスクのが高いかな?《コーの安息所/Kor Haven》はkohさんが採用しているのを参考に土地がけっこう伸びるので一枚くらい大丈夫かなと思って(笑)。
 《空の遺跡、エメリア/Emeria, the Sky Ruin》は個人的に序盤に数枚引いても困るので3枚にしている。

・生物について
《前兆の壁/Wall of Omens》を1減らして、《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を1増加。
壁はアドバンテージは失ってはいないのだけれど、《審判の日/Day of Judgment》で一緒に流れたり中盤から後半にかけて相手に脅威を与えないのでいまいちな印象。kohさんも枚数を減らしているのを参考に僕も減らしてみた。
代わりに、《審判の日/Day of Judgment》と相性がよく通常のビートやコントロールに強い《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を増加。《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》もアドバンテージの観点から検討に値するのだけれど、正直相手にとって脅威でもなんでもないと思う。《出産の殻/Birthing Pod》があると話は別だけれど。

・その他の呪文
 基本的に同じ。《迫撃鞘/Mortarpod》を《殴打頭蓋/Batterskull》に変更。《殴打頭蓋/Batterskull》は通ればそれだけで勝てるゲームもあり、後半マナがたまるとかなり強い。文句なしの採用。kohさんが《迫撃鞘/Mortarpod》と《バジリスクの首輪/Basilisk Collar》のコンボを採用していた。このデッキだと除去を予め多めに取っているので不要かなと判断。魅力的ではあるのだけれど。飛行生物がけっこういるので打点を上げるために《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》を採用。隙を見てダメージを稼ぎます。

序盤は耐えつつCIP生物でアドを稼ぎ除去で流す。中盤以降に勝負を持ち込みエメリアやエタドラなどでフィニッシュするのが基本的な動きかな。除去の多い中低速ビートです。

・サイド
《悟りの教示者/Enlightened Tutor》を使った銀玉戦法を採用。定番のANT、墓地対を意識しています。
それでもANTと《集団意識/Hive Mind》はかなりきつそう…

 どこかのタイミングでこのデッキで大会に出たいと思っています。

コメント
koh koh2012年3月9日22:25
レシピがきれいですね!
埋没した廃墟は強そうです。
イエネコ イエネコ2012年3月10日11:34
コメントありがとうございます。

はじめて知ったエクテンのエメリアコンもかなりレシピがきれいだったと記憶しています。
《審判の日/Day of Judgment》4《太陽のタイタン/Sun Titan》4とか。

kohさんのはいろんなギミックが入っていて面白そうですが、プランの選択など使いこなすのが難しそうです。本当によく思いつきましたよね。《崇敬の壁/Wall of Reverence》や《迫撃鞘/Mortarpod》《バジリスクの首輪/Basilisk Collar》の採用など、僕じゃ絶対思いつきません…

他にも闇の隆盛で出たクリーチャーを戻せる土地の 憑依された沼墓/Haunted Fengraf もちょっと興味があります。そちらは重かったりランダムで少々使い勝手が悪そうですけどね。
《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》や《ヴォルラスの要塞/Volrath’s Stronghold》には劣りますが、それに似たことが他の色でもしやすくなって面白いです。