ジェイス対策

 帰りの電車でぼんやり今のデッキについて考えていた。

 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》は大きな大会になると必ずこれを使ったコントロールデッキがいるのでやはり対策がいる。有力なのは《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》。こいつは先に出しても後から出してもよくて,タイマンならジェイスに勝てるカード。いまメインにもサイドにもとっていないけれどよくよく考えるとやはりいるわ。先出ししてもめったに破壊されない安定感が頼もしい。

 メインだと自分がサリアを採用しているのもあり,コンボ相手とか有効でない相手もいるのでサイドに2-3枚とろうと思う。もともとサリアを採用したため外して軽い《幽体の行列/Spectral Procession》を採用していた。これらのコントロール相手はこちらが速攻ビートを決めない限り中長期戦が必至。なら多少重くても有効なカードをとるべきだと思った。それに相手に出される《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》はかなり厄介である。おそらく十手の次くらい。ジェイスは単体だとそれほど脅威は感じない。(感じないだけでアドはとられているけれど…)後半消耗した時にでてくるのが恐ろしい。

 つまり相手の《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》が厄介なのっで対消滅狙いもかねて使ったほうがよさそうだ。ただ,ペスも相手の十手の前では無力なので十手を止めることは最重要課題だ。このために,以前はメインに3枚積んでいたペスを一気に減らした。

 エルフはコンボ。《エルフの幻想家/Elvish Visionary》なんかに十手のカウンターを消耗するよりかはためておいてけん制したり,プレイヤーのライフを狙っていった方が早い。次回から気を付けよう。

白単プロテクション案

この間言及したプロテクションに特化した形を少し考えた。
考えられるパターンは2つ。
1. プロテクション持ち生物を多めにとる
2. プロテクションを付けるカードを多めにとる

1.は単に《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》や《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》,《万物の声/Voice of All》,《ギルドパクトの守護者/Guardian of the Guildpact》を多めに採用する。
2. は《ちらつき護法印/Flickering Ward》,信仰の盾,《精霊への挑戦/Brave the Elements》,《チョー=マノの祝福/Cho-Manno’s Blessing》,《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》,《速足のブーツ/Swiftfoot Boots》,各種剣といった,プロテクションをや被覆,呪禁を付与するエンチャントやインスタント,アーティファクトを採用する。

1.の方がアドを失いにくく,デッキを作りやすいのでこれをまず考える。
このデッキのキーは《万物の声/Voice of All》と《ギルドパクトの守護者/Guardian of the Guildpact》。いかにこれらのカードにつなげて,これらでフィニッシュするか。

これらの弱点は以下に考えられる。
① カードが重い。
② 打撃力が低く,決定力がない

②は最後今引きの場面でジェイスの+2を超えられない点がいたそうである。(そういう場面ならプレイヤー狙うのが正解か?)
①は2マナランドで,②は装備品でカバーが現実的か。
②は最近出た賛美土地も気になっている。

思いついたのが以下のデッキ。

23 土地
12 《平地/Plains》
1 《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》
2 《Karakas》
2 《不毛の大地/Wasteland》
3 《ミシュラの工廠/Mishra’s Factory》
3 《古えの墳墓/Ancient Tomb》

25 生物
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
3 スレイベンの守護者、サリア
3 《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》
2 《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》
2 《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》
2 《万物の声/Voice of All》
2 《ギルドパクトの守護者/Guardian of the Guildpact》

12 呪文
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2 《忘却の輪/Oblivion Ring》
2 《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
1 《肉体と精神の剣/Sword of Body and Mind》
1 《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》
1 《速足のブーツ/Swiftfoot Boots》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》

あんまり面白味がないね。《ミシュラの工廠/Mishra’s Factory》を賛美を与える土地に変えて,単体の打点を上げた方がよいかな。

コメント

migiT migiT2012年8月28日0:25
レガシーで青緑剣はいろいろと危険な気がしますが。
想定する環境にもよると思いますが、単純に強い火氷剣の採用は考えるべきかと。

それと、白マナ出せるカードが15枚しかないので、
マリガンやダブルシンボルの腐敗が多くなりそうです。
黒緑剣があるならまだしも、そうでないならミシュランは減らした方がいいかもしれません。
イエネコ イエネコ2012年8月28日23:21
コメントありがとうございます。

このデッキはまだ脳内デッキで実際に使ったことがないので考えの至らないところが多いデッキです。そのため,とんちんかんなことを書くかもしれないのでごめんなさい…。

火氷剣はもとがプロテクション持ちが多くて,通しやすいので確かによいですね。前のデッキだと,タルモとか聖遺が超えられないことが多かったので考えていませんでした…。

光と影の剣をやめて火氷でいきたいと思います!

《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》は個人的にはいまいちと思っています。理由は2つ。
①ジェイスでバウンスされておしまいになる(除去に弱い)
②土地をアンタップしても使える手札がない。(後続がない)

使う前はテンポ的に優れたカードと思ってましたが,《肉体と精神の剣/Sword of Body and Mind》は
①ジェイスでバウンスされない点と,②こいつ自身が生物を生み出す能力があるので後続の確保が容易(手札に温存できる) という利点があるので気に入っています。
 もちろん青緑剣は相手のデッキを10枚墓地に送る能力があるので,
①生物強化:《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》や《タルモゴイフ/Tarmogoyf》,漁る軟泥,《墓忍び/Tombstalker》,《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》など
②墓地利用(カード):瞬唱の魔道士やサイド後の《古えの遺恨/Ancient Grudge》,《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》,ムーアランドの憑依地
③墓地利用(デッキ)発掘,リアニ
という欠点もあります。この欠点のため今までは青緑剣をやめて黒緑剣にしてました。しかし,これらの欠点を考えても決定力が高いので採用することにしました。(たまに1G
目でデッキをばらしたくないから殴られる前に投了してすぐ勝てるというメリットもあります(笑))
この辺は使っていて痛い目を見るとたぶんころっと意見が変わるとは思いますが(苦笑)。

ダブルシンボルが多い点ですが,今使っているデッキでも土地の構成(総数23白マナ源15)とダブルシンボルを必要とするカード数(6:ミラクル,騎兵,セラの報復者)は同じですが,とくに色がそろわなくて困ることが少なかったので同じ構成にしてみました。(使っているデッキでは色で事故るよりも土地数が足りないことで事故るほうが多い印象です)

よい機会ですので確率的にどうなのかを計算してみました。
デッキの土地が23枚。デッキが60枚。1枚引いて土地を引く確率は23/60。簡略化のため,この確率は不変とする(実際には引いた分デッキが減ったり,土地を引いたりして分母や分子は変わります)。この確率でミラクルや騎兵を最短で出すために必要な3T,つまり合計9枚のカードを引くとする(マリガンは単純化のため考慮しない)。すると,
  9×23/60=3.45 枚土地
というように3T目までに3.45枚の土地を引ける確率となる。
 全ての土地23 枚のうち白マナは15枚なので,土地が白マナである確率は15/23。
したがって,この3.45 枚の土地の内白マナは
  3.45 × 15/23 =2.25 枚白マナ
となる。

平均値としては 3Tまでに(カードを9枚引くと)3枚の土地を引けて,うち2枚は白マナという結果になりました。
カードを出す分には問題なさそうですが,相手の不毛に弱かったり,剣鍬をかまえたり大量展開することが難しくなりそうですね。この辺りは実際に使いながら検討していくことになると思います。
ありがとうございました。

《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》を購入

この間大敗し,友人との対戦で必要性を感じた《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》を購入した。英語版2枚でその他込で700円。
一枚300円くらい。最初よりは安いね。白単使うならやっぱりこの子のスペックは魅力的です。

たとえ《仕組まれた疫病/Engineered Plague》で人間指定されて1/1になったとしても,《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》で強化してやれば8点与えれますし。

装備デッキとも相性がいい。しばらくデッキに入れて可能性を探ってみます。

それと,装備ウィニーをするときに考えている《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin》は結構安くて150円くらいで買えそうです。単体じゃ仕事しないのがいまいちなのでしょうか。でも,こいつの稼げるアドは瞬唱,石鍛冶と勝負できる気がする。

Fuji さんとkoh さんのデッキを参考に自分も装備ウィニーを考えてみた。まだ練り切れていないけれど。

23 土地
12 《平地/Plains》
2 《Karakas》
1 《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》
4 《ミシュラの工廠/Mishra’s Factory》
4 《不毛の大地/Wasteland》

22 生物
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
3 《コーの決闘者/Kor Duelist》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
4 《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin》
3 《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》
2 《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》

16 呪文
1 《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow》
1 《速足のブーツ/Swiftfoot Boots》
2 《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》
1 《肉体と精神の剣/Sword of Body and Mind》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《迫撃鞘/Mortarpod》
1 《バジリスクの首輪/Basilisk Collar》
2 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》

61 total

いま使っているデッキをベースに《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin》と《コーの決闘者/Kor Duelist》を両方採用した形を考えたみた。
ただ,《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin》は使い勝手がいまいちよくわからない。こいつを生かすためにアーティファクトを多めに取りたいので,《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》や《呪文滑り/Spellskite》を採用したいのだけれど,スペースがすぐ埋まってしまう。

装備品枠もどれだけいるのかの適正枚数や必要な要件がいまいち把握できていない。
様子をみて試してみたい。

現状最低限足りていないのは《速足のブーツ/Swiftfoot Boots》と《コーの決闘者/Kor Duelist》,《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin》か。

今使っているデッキだけど,プロテクションに特化するのも一つありなのではないかと考えている。《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》の安定感は,手離ししがたい。《ギルドパクトの守護者/Guardian of the Guildpact》や《万物の声/Voice of All》あたりが候補か?相手の除去(剣鍬,ジェイス)をかわすことが重要。

個人的にプロテクションで一番ほしい色が白それについで青だが,プロテクション白は白いカードだとかなり限定されていて《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》の他にあと《八ツ尾半/Eight-and-a-Half-Tails》と《裂け目抜けの騎士/Riftmarked Knight》くらい。《裂け目抜けの騎士/Riftmarked Knight》は一枚で複数対出せて確かにアドバンテージとれるのでよいのだけれどタイムラグがね…。
青の方は《薄暮の大霊/Oversoul of Dusk》くらいしかみつからなかった。

もしくは《ちらつき護法印/Flickering Ward》や《速足のブーツ/Swiftfoot Boots》で相手からの干渉を避けることか。

以上。

デッキ改良メモ

・ ヴェンデ十手がいやならkarakasを1→2に増やす?

・ ジェイスのバウンスがつらいから黒緑剣よりも青緑剣の方がよさそう

・ 幽体の行列ではヴェンデ十手を止められない,色拘束がきついときがある→ミラクルの突破力爆発力にかける?

・ ジェイスを対処するとき,手札に破棄者と忘却の輪があるとき。破棄者は除去される可能性が高いので,輪で除去しつつ破棄者でもジェイスを指定しているが,これは無駄か?

・ セラの報復者は呪文嵌めが少ないなら使い勝手のよいいいカード。

・ タフネス1が多くて,十手が一回通るだけで致命的→タフネス2以上を増やす?

・ 相手のデッキに《対抗呪文/Counterspell》が入っているか見極める→3T目のこちらのエンドで相手がブレストとか石鍛冶の起動でマナが減ったときにうかつにエイヴンを出すと,余ったマナで剣鍬→ジェイスされるので,相手のアップキープに出す。

・ ゲーム中盤以降,トップデッキ勝負になる前の場面,大事なカードは先に出す→戦闘に入るとヴェンデが出てカードを抜かれる。戦闘でこちらの生物を守るためにも,特にkarakasは先に出しておこう。

コメント
カードゲームおじさん カードゲームおじさん2012年8月11日15:59
ガットショットをいれよう(提案)
イエネコ イエネコ2012年8月11日16:19
なるほど。《はらわた撃ち/Gut Shot》ですか。盲点でした。このカードだと,相手の不意を付けるのでよいですね。どこといれかえたらいいでしょうかね。現在のデッキは「0810 YS京都レガシー大会結果」の日記の
ミケウス2→セラの報復者2,平地1→《Karakas》1,黒緑剣1→青緑剣1
にした内容です。それともサイドに取るべきでしょうか?使用局面が限定されるので,どのように組み込むかが難しいです…
それとお名前変更されたのですね(笑)

0810 YS京都レガシー大会結果

本日は前回宣言したとおり,YSのレガシー大会に参加した。
9人参加。把握できたデッキは青白石鍛冶,ZOO,HIVEMIND,エルフ,僕,ゴブリン,バーン,テゼレッター。

結果は0-3でした。いろいろわからされた。

23 土地
13 《平地/Plains》
1 《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》
1 《Karakas》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《ミシュラの工廠/Mishra’s Factory》

27 生物
4 《闘争の学び手/Student of Warfare》
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》

3 スレイベンの守護者、サリア
3 《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》

2 《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》
2 《幽体の行列/Spectral Procession》
2 《月皇ミケウス/Mikaeus, the Lunarch》

10 呪文
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2 《忘却の輪/Oblivion Ring》
2 《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1 《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》

15 サイドボード
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
3 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
3 《流刑への道/Path to Exile》
2 《忘却の輪/Oblivion Ring》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《万力鎖/Manriki-Gusari》

VS青白石鍛冶(京都の人)○××
1G
なんか普通にビートしたら相手が土地がつまっていたようだった。
2G
途中場に十手があって,エルズペすが登場。十手ゲーされかけたが,石鍛冶から万力鎖サーチ装備破壊。でどうにかなったとおもったら,ジェイスも登場。その後,《神の怒り/Wrath of God》で流され,それで負け。
3G
途中でヴェンデリオン十手され負け。

VS HIVEMIND ××
1G
こちらの初動が遅くて,契約し
2G
サイドが間違っていた。相手,ショ―テルからグリセルブランド。除去を減らしていたので対処できずまけ。

VS エルフ ××
1G
石鍛冶から十手でいけたと思ったが,ペンデるヘイブンで手間取って,その間に生物を並べられ,ガイアの揺籃の地から《威厳の魔力/Regal Force》→《垣間見る自然/Glimpse of Nature》となり,生物を大量に並び,召喚の調べX=8から皇帝のビヒモスというので,トランプると+8/+8の修正を全体にかけられて負け。
 途中で破棄者がいて止められるのに,《遺産のドルイド/Heritage Druid》に剣鍬をうつミスがあった。
2G
先手トリプルマリガン。2-3T土地を引けずかなりのスローペースだが相手も動きがよくないようで,ゲームにはなった。相手の迫撃さやが邪魔でこちらの生物が並べられない。迫撃さやで止められるので石鍛冶から黒緑剣をサーチすると,相手の破棄者で止められた,除去しようとすると召喚の調べから呪文すべりで交わされる。十手を素引きしてどうにか通した。後続を出すことを焦って,十手のカウンターで迫撃さやのついた昆虫トークンを除去しようとするとタフネスが2だったので,全部使ってしまい,破棄者で迫撃さやを止めるということをしてしまい,相手に返しで《垣間見る自然/Glimpse of Nature》2から,無限マナ無限ドローが決まりまけ。

いろいろだめだった。
HIVEMINDは初めての対戦で対戦後相手の方にいろいろ教えてもらった。
・《忘却の輪/Oblivion Ring》はあるだけいれる
・ 除去は剣鍬→流刑にした方がいい

わかっていたけど,ヴェンデ十手で一戦目負けた。
エルフはいろいろわかっていなかった,何に注意するべきかとか。

なんか飛行で先制攻撃で警戒で2/2くらいで3マナいないくらいの子がいたら強い気がする…探してみるか。→3マナではいませんでした。5マナならいたけど…。突撃ペガサス 白2 2/1飛行先制攻撃あたりが一番近いかね。静月の騎兵は白白を立てておかないといけないから動きづらい。

遺産よりも,友人のいうとおり,墓堀の檻の方がいまは受けが広い感じ。
大会に出るのは初めての店だったが悪くない感じだった。

ミケウスはなんかいまいちだった。このカードは勝っているときに強いカードな感じ。まだ,セラ報復者の方が強いという印象。
ヴェンデ十手,瞬唱十手を防ぐために,迫撃鞘をいれるか?

・2戦目の相手がミケウスの1個目の能力を筋トレするというのは面白かった(笑)
・十手で負けるとわかっているのだから,一戦目は忘却の輪はフル投入でよかった。爆薬が見えたから,少し怖かったのだけれど…。

以上。しばらくでないと思います。

次回参加予定大会

定期試験が終わって少し余裕ができたので,久しぶりに大会に参加しようと思う。
参加予定大会は,8/10金 19:00開始のイエローサブマリン京都店のフライデーナイトレガシー
http://yellowsubmarine.co.jp/taikai/taikai_049.htm

当日参加される方はよろしくお願いします!もんでやってください。

この大会に備える意味も込めて,今日は久しぶりに友人と対戦。

おもに,ミケウス,《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》,《記憶の仮面/Mask of Memory》あたりの使い勝手を確かめたかった。

《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》はマナがあれば,相手の《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》十手を一方的に止めることができ,除去体制もり,殴打頭蓋もスダチで止めれて圧倒的安心感だった。
打消しかジェイス,爆薬くらいしか対処されず,光と影の剣で回収できる点も心強かった。

ミケウスはまだ手さぐり状態。こいつがほしい場面は,こちらに破棄者やサリアなど,小粒が二体以上並んでいるとき。出した返しで全体除去されたりして活躍の場が少ないことがあったが,まあまあだった。ただ,召喚酔いのラグがあるのはやはり気になる。x=2で出して使い捨て感覚で使うのもありだと思った。だいたい二回使えれば,相手の修復の天使と相打ちをとれるくらいのサイズになれて十分だった。
それと,ぐだったときに後半引くとかなりのサイズで登場できてよかった。(すぐ剣鍬されたけど…。逆に言えばされなきゃ速やかにゲームが決まるのでよい。)これは,《罰する火/Punishing Fire》対策として重要だと感じた。

《記憶の仮面/Mask of Memory》はいまいちだった。はっきり言って石鍛冶相手に負けるパターンは十手ゲーを相手にされること。はっきりいってこちらも十手積んだ方がよかった。3Tめサーチ,3T 目出してアタックができるために仮面をいれたが別にいらなかった。それよりも十手出した方が対消滅狙いもできてよかった。

それと今日はいろいろと勉強になる話がきけた。相手の初動から相手の手札を予測するという話。
例)サイド後こちらがビートだとばれている場合
 この場合相手がキープする基準は,
・除去があるか
・石鍛冶+十手
・ヴェンデ(瞬唱)+十手
の三択。

これがわかっていると,相手の初動が
島島だと,おそらく平地待ちで除去を持っているか,ヴェンデ(瞬唱)十手狙いの二択。
という風に相手の初手が予測できる。

これがわかっていると,うかつなアタックによる十手ゲーを阻止できるということでとても勉強になった。
 しかし,実戦でこれを意識して思いつくのはなかなか大変なので,メモにまとめた方がいいように思った。

以下は気づいたこと
・ 相手が石鍛冶なら,ヴェンデの相打ち→石鍛冶+十手 されるのでエイヴンのアタックは慎重に行うべきだと思った。特にゲーム中盤以降。
・ 3T目エンドで瞬唱FBなし→十手装備アタックがあるので注意。
・ 墓堀の檻 は起動コストなしで軽くて発掘,リアニ,エルフなど幅広い相手に有効なので買ってもいいかもしれない。
・ 万力鎖は受け手側のカードだけど,殴打頭蓋とか白黒剣とかを破壊できて,石鍛冶から探せるので依然思ったほど悪くはなかった。しかし,相手が装備デッキでこちらが先にだしたなら,十手サーチが優先。
・伝説の生物が増えて,karakas が強くなった。相手の全体除去をケアしながら展開できるのが強かった。無限ブロックもできるし。

DNで書くときははTabが入れられないので,テキストエディタで作って貼り付けた方が見やすい文章が作りやすいかも。

以上