プロツアー・アムステルダム

 なんとなく今回は、大部分をですます調をやめて書き言葉でかいてみる。
 2010.9/5にプロツアー・アムステルダムのエクステンデッドの大会で「殿堂白単」なる白ウィニーが優勝していた。日本公式サイトの結果からhttp://mtg-jp.com/eventc/ptams10/対戦の様子を文章で眺めていたけれど、ちょっと興奮した。
 
 私が白ウィニーが好きな理由の一つに歴史の長さがある。ネクロの夏と呼ばれた時期(第4版+クロニクル、フォールン・エンパイア、アイスエイジ・ブロック) にメタを読み切り華麗に優勝を飾り、以後マジックの歴史に名を刻むことになった白ウィニー。今回再びそのデッキが優勝して嬉しくなった。

 まずは優勝したデッキを載せてみる。

Paul Rietzl
Pro Tour-Amsterdam, Top 8 (Extended)
4 《乾燥台地》
4 《トロウケアの敷石》
1 《地平線の梢》
4 《湿地の干潟》
10 《平地》
——————————————————————————–
-土地(23)-

4 《エーテル宣誓会の法学者》
4 《運命の大立者》
4 《白蘭の騎士》
2 《イーオスのレインジャー》
4 《ステップのオオヤマネコ》
4 《闘争の学び手》
——————————————————————————–
-クリーチャー(22)-

4 《精霊への挑戦》
4 《清浄の名誉》
2 《マナの税収》
1 《流刑への道》
4 《幽体の行列》
——————————————————————————–
-呪文(15)-

1 《天使の嗜み》
3 《ブレンタンの炉の世話人》
1 《天界の粛清》
1 《確実性の欠落》
3 《流刑への道》
4 《大祖始の遺産》
2 《法の定め》
——————————————————————————–
-サイドボード(15)-

 エクテンのメタははっきりいってどうなっているのかよく知らなかったけれど、メインから積まれた《エーテル宣誓》からコンボ(ANT)の存在が伺える。他のクリーチャーは、最近登場した1マナの優秀な子と《幽体の行列》+《十字軍》のコンボ?。唱えるのには少ないマナで十分だが、《大立て者》《学び手》がマナを多く必要とするため、土地は多め。白ウィニーの2マナ圏はやはりよいアタッカーが不在で、《百蘭の騎士》のように補助的なカードが採用されている…。もっともこのデッキだと《清浄の名誉》もあるので十分なアタッカーにはなりそうだが。
 
 メインから《エーテル宣誓》を採用する際は、単体ではどうしてもサイズが他に見劣りするため私は敬遠する。しかしプロツアーでは3本先取のルールらしく、コンボメタまたは続唱対策?で必要だったのだろう。また、他のカードの強さからも平均化されて、メインからの採用も可能になっているとも感じた。記事を読む限り、サイド後登場していないので、サイドアウトするカードでもあったと伺える。
 
 《大立て者》と《学び手》のためマナを効率よく使うことができ、フェッチランドも満載で1ターン目に展開した《ステップオオヤマネコ》の打撃力はすさまじい。
 伝統的な白ウィニーと同様に、序盤から展開して速攻で敵を倒す。記事を読んでいても気分のよい試合が多かった。全体除去が火力がメインのようで、対処がまだしやすいのも見ていて安心できるところだ。レガシーだと《仕組まれた爆薬》がどうにもならないので怖いけれど。

 ときどき使うキスキンをやめてこのデッキをレガシー用に改良して参加してみたいとも考えたが、フェッチランドをもっていないのでいろいろ劣化コピーになる予感。《広漠なる変幻地》とかで代用するか…。
 《闘争の学び手》はデスタックスにも採用しようと考えていただけに値段の高騰が心配だorz。今は大金で買った《Maze of Ith》の原価償却のためにも、デスタックスを使います…。

 サイドイベントでレガシーもあったようだけれど、Top4のうち1位2位含む3名もマーフォークで面白くないので特に言及することもなし。(ある意味、同じデッキタイプが上位に密集しているのが面白いともいえるけれど…)

 次は、私にとって夏休みの最後の大会になる9/9木曜日のBMの平日レガシーに参加する予定です。参加される方とお店の方はよろしくお願いしますm(_ _)m。

今日の大会は勘違いorz

日付が変わってから、友人からメールが来た。

そのメールによると平日のBMのレガシー大会は来週からのようです。

店員様の日記を見て判断していたので、私の早とちりだったようです。

もし私の日記を見て今日参加するつもりだった人は気をつけて!今日は無くて、来週からです。

見ている方には勝手に勘違いして誤解を招く文を書いててしまい、申し訳ないです。

たまさんへ

見てくれているならいいけれど、もしこの日記を見てなくて行ってしまったら、本当にごめんなさい。

コメント
たま たま2010年9月2日1:54
寝る前に拝見致しましたッ 謝る事ないのでお気になさらないでくださいませ^^

>ひ
こちらこそ恐縮であります。次の機会を楽しみにします(’▽’)
イエネコ イエネコ2010年9月2日21:43
後の祭り状態にならなくて本当によかったです。
めげずに、来週の平日レガシーには参加しようと思います。

この日記は実は携帯電話からの更新でしたが、こういう緊急のときにありがたみを感じます。

BM平日レガシー大会

携帯電話から更新です。
投稿日時が9/2になっていますが、間違いです。実際は9/10に更新しました。

以前予告した通り9/9木曜日のBMの平日レガシー大会に参加してきました。5ヶ月ぶりの参加です。

参加デッキは前回の大会で使ったデスタクシーです。変更点は運命の大立て者2→闘争の学び手2とサイドの真紅の見習い僧2→茨の騎士ティヴァダール2です。

では結果。
2勝1敗で5/19でした。
以下内訳とか。

第1試合 ゴブリンby大きな人 ×○○

ゴブリンの奇襲隊が多く使われていた。黒と緑がタッチされていた。奇襲隊は場が硬直してるとき引かれると辛い。しかしそれ以外は出番がないので、モグの狂信者の方が私は怖かった。ルーンの母やちらつき鬼火がやられるから。
試合は最後以外は不毛くらったりして土地が詰まり大苦戦でした。サイド後はティヴァダールが大活躍してなんとかなりました。

第2試合 緑タッチマーフォークby陽気な人 ○○

前回の大会で滅多うちされて少し怖かった。呪文詰まりのスプライトは入っていなくて、珊瑚兜の指令官も出てこなくてなんとかいけた。今回はサイドチェンジはしなかった。
試合後にタルモゴイフが入っていたとわかった。

第3試合 相殺デッキby今回の優勝者 ××

神の怒りや悟りの教示者、目くらましと対抗呪文、仕組まれた爆薬が印象に残った。試合は両方相殺独楽で固められてアウトでした。不毛とリシャーダの港の使うタイミングを間違えた。不忠の糸が相殺でめくれて、以後そのカードのために忘却の輪を温存するも、その間に相殺独楽が決められ身動きが取れなくなってしまった…。

これから大学や就職活動で忙しくなる予定なので、ますます更新や参加が滞る予定ですors。ミラディンの傷跡は気になるので、注目カードは取り上げれたらいいな。

後日友人から忠告を受けた。
第1試合隣だったので、様子をみていたようだ。

私は無駄話が多いとのこと。特に試合終了後、相手のプレイやサイド選択について質問したりするのが、勝ち語り?で反感買うのだとか…。二度としないよう釘を刺された。

そんなつもりはないのだけれど、やっばりみんな勝ち負けにこだわるのかな。僕は逆の立場ならアドバイスくれていると思って喜ぶと思うけどな…。

自分より弱い(バカな)やつの話なんかききたくねーよって感じなのかな。

気をつけよう…。

コメント
たま たま2010年9月11日19:56
残念ながら白単を見つける事ができませんでした
残念でござる。
優勝者の方強かったですね~
イエネコ イエネコ2010年9月11日20:21
参加されていたんですか!!
あまり慣れていないような印象は受けましたが、確かに強かったです。

そういえばどこかのテーブルでマーフォーク卓みたいなのがいたようなので、そこにいたのかしら…。

第2試合のマーフォークは緑がタッチされていたので、実は3回戦目はすぐ後ろの席同士だったかもですね(笑)。
たま たま2010年9月12日1:00
緑タッチマーフォークとは第三戦で当たって戦ってましたので後ろの席だったのかも?w
せっかくなので挨拶したかったですわーw