禁止改定: エターナル構築で禁止された「相棒」能力のエラッタ

NO IMAGE

概要

2020-06-01 Monに禁止改定が発表されたので感想を記す。

今回の禁止改定の内容は以下の通りだ。

告知日:2020年6月1日
新しい相棒ルール
 各ゲーム中に1度だけ、あなたはソーサリーを唱えられるとき(あなたのメイン・フェイズの間でスタックが空であるとき) に{3}を支払うことでサイドボードからあなたの相棒をあなたの手札に加えることができる。これは特別な処理であり、起動型能力ではない。

スタンダード

《裏切りの工作員》禁止
《創案の火》禁止

ヒストリック

《裏切りの工作員》一時停止
《創案の火》一時停止

テーブルトップ発効日(ルールおよび禁止制限):2020年6月1日

Magic OnlineおよびMTGアリーナ ルール変更発効日:2020年6月4日

Magic Online 禁止制限発効日:2020年6月1日

MTGアリーナ 禁止制限発効日:2020年6月4日

事前に予告のあった相棒能力のエラッタが出された。その他,スタンダードと《裏切りの工作員/Agent of Treachery》と《創案の火/Fires of Invention》の禁止,MTGA専用のヒストリックで《裏切りの工作員/Agent of Treachery》と《創案の火/Fires of Invention》の一時停止という内容だった。

相棒

新しい相棒ルールということで実質的にエラッタが出された。エラッタは能力の整理などで昔のカードでよくあった記憶がある。最近だとプレインズウォーカーが伝説になったところが印象的だ。そのため,新しくエラッタが出たのは珍しい。

肝心の新しい相棒のルールだが,個人的には妥当だと思った。登場時のルールだとそのままキャストが可能で,即時性が高く,ゲームに与える影響が大きすぎた。これくらいであれば,速度も緩和されて順当ではないかと思った。

《夢の巣のルールス/Lurrus of the Dream-Den》にしても《黎明起こし、ザーダ/Zirda, the Dawnwaker》にしても,白使いとしては今まで白には存在しなかったタイプの能力を持っており,仮に相棒無しで十分に活用の余地があると思っている。

どうせなら発表と同時にヴィンテージとレガシーで禁止された《夢の巣のルールス/Lurrus of the Dream-Den》や《黎明起こし、ザーダ/Zirda, the Dawnwaker》の禁止も解除してくれたらよかったのにと思った。

《裏切りの工作員/Agent of Treachery》と《創案の火/Fires of Invention》

スタンダードはやっていないのだが,噂はきいていた。

《裏切りの工作員/Agent of Treachery》は《押収/Confiscate》が6マナであることを考えると,順当なカードではあるのだが,たまたま高マナコストのクリーチャーのコストを踏み倒せるカードが存在する都合で禁止となったらしい。やや以外な印象を持った。

その他,《創案の火/Fires of Invention》だが,土地の枚数以下の呪文を2個までキャスト可能ということで,比較的順当に感じるのだが,丁度イコリア:巨獣の棲処で根本原理サイクルが収録されたのもあり,色拘束の強いパワーカードが環境にあるのもあり,禁止となったようだ。

自分の感覚としては,スタンダードでの禁止というのはミラディンでの親和のイメージが強すぎて,最近だとせいぜい《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》くらいが順当に感じている。

カードパワーが全体的に上がってきており,今回のスタンダードでの禁止改定は組み合わせの問題という印象を持った。

結論

先日のヴィンテージとレガシーでの相棒の禁止に続いた禁止改定であり,慌ただしく感じた禁止改定だった。

正直相棒能力は,登場時から強すぎな能力に感じていたので,今回のエラッタは順当だと感じた。

早くヴィンテージとレガシーで禁止された《夢の巣のルールス/Lurrus of the Dream-Den》と《黎明起こし、ザーダ/Zirda, the Dawnwaker》を解放してやってほしい。