購入報告: 0回戦ドロップで入手したのは白の最高の墓地対策

概要

2020-01-15 Wedに晴れる屋トーナメントセンターで《安らかなる眠り/Rest in Peace》英1を500円で購入した。

100円商品券を使い実質400円と相場最安で購入できた。

事前に「告知: 今月参加予定大会 (1/15 Wed 14:00 晴れる屋TC, 1/28 Tue 11:00 晴れる屋TC) – エターナルホワイトマジック/Eternal White Magic」で告知した通り,本日は外出予定があったため晴れる屋トーナメントセンターの14:00の平日レガシーに参加予定だった。

実際に訪問して参加申し込みしたのだが,他に参加者がおらず,不成立となってしまった。12:00開始のLet’s 5レガシーは参加者8名ほどで成立していた。大会に参加したければ12:00のに参加するので,14:00というのは中途半端だったようだ。

そのため,参加賞の商品券だけもらった。商品券がもったいないので今回購入したというわけだ。

今回購入した《安らかなる眠り/Rest in Peace》は,「Signature Spellbook: Gideon」という《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》の追悼のコレクション用のカードセットに収録されているエディションだった。

Signature Spellbook: Gideon」に収録されている人気カードは,《安らかなる眠り/Rest in Peace》の他に,《流刑への道/Path to Exile》もある。この2枚でだいたい1000円分くらいの価値はある。

定価は2200円だが,Amazon.co.jpなどでは1500円程度なので,これらの2枚が欲しい人はお得かもしれない。

《安らかなる眠り/Rest in Peace》は2枚持っていたので,3枚目の購入となった。

効果

《安らかなる眠り/Rest in Peace》の効果は以下の通りだ。

Rest in Peace / 安らかなる眠り (1)(白)
エンチャント

安らかなる眠りが戦場に出たとき、すべての墓地にあるすべてのカードを追放する。 カードかトークンがいずれかの領域からいずれかの墓地に置かれる場合、代わりにそれを追放する。

ETBで全ての墓地を追放し,以降の墓地への配置カードも追放する。

墓地配置自体を追放領域へ置換するため,死亡誘発 (PIG) 能力が発動しないという強力な効果がある。

《虚空の力線/Leyline of the Void》と共に,永続的な墓地対策カードとしては最高クラスのカードだ。

白を使う上では是非とも保持しておきたい1枚のカードだ。

今回3枚目を購入したのは,単純な墓地対策ではなく,ヘルムピースコンボのためだ。

白で可能な瞬殺2枚コンボで,なおかつトーナメントレベルのものは数が少ない。ヘルムピースコンボは2+5の7マナで達成でき,墓地対策もできるということでトーナメントでの実績もある。

《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》のような強力カードが出てくると,盤面を構築するのが面倒くさくなるので,こうした瞬殺コンボもありだろうとコンボ成立確率向上のため買い増しした。

《Helm of Obedience》も2枚持っているが,再録禁止カードであり値段が購入時の2000円半ばから3000円前半とじわじわと上がってきている。残り2枚もどこかで購入したいなと思う。

テーロス還魂記でバリヘルコンボが成立する。このコンボと同居させるのに,ヘルムピースや《丸砥石/Grindstone》がありではないかと考えている。

同じくテーロス還魂記に収録されている《牧歌的な教示者/Idyllic Tutor》を併用することで,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》や《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》と合わせて,コンボパーツをそれぞれ12枚にかさ増しできる。さすがにこれだけパーツ枚数をかさ増しできれば,初手でコンボを揃えることも十分可能だ。

今後検討していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です