購入報告: 瞬殺コンボも兼ねる白の至高の墓地対策カード

概要

2020-01-30 Thuにラクマで《安らかなる眠り/Rest in Peace》ラヴニカへの回帰日1を740円で購入した。

購入と受取はとっくにすんでいたのだが,年間決算や大会報告,既に大会で使用した《魂の洞窟/Cavern of Souls》の報告を優先したかったので,遅れてしまった。

丁度期間限定で100円クーポン券があったため,購入した。ラクマは不定期で突然クーポン券を配布するので,うまく活用したい。

《安らかなる眠り/Rest in Peace》は以下でも報告した通り,これまで3枚保持していた。

しかし,全て英語版であり日本語版を探していた。これでようやく《安らかなる眠り/Rest in Peace》を4枚揃えることができた。

英語と日本語を1枚ずつ混ぜるのには理由がある。このカードを初見の日本人や外国人と対戦した場合に効果を確認・説明しやすいようにするためだ。

たいしたお金をかけずに,利便性が上がるならそのほうがいいだろうという判断で,高額カードを除いてできるだけ英語と日本語をそれぞれ1枚ずつ含むようにカードを集めている。

効果

《安らかなる眠り/Rest in Peace》

Rest in Peace / 安らかなる眠り (1)(白)
エンチャント

安らかなる眠りが戦場に出たとき、すべての墓地にあるすべてのカードを追放する。 カードかトークンがいずれかの領域からいずれかの墓地に置かれる場合、代わりにそれを追放する。

既に過去の購入報告で紹介している通り,白の至高の墓地対策カードの一つであり,《Helm of Obedience》と瞬殺コンボを実現するカードだ。

《虚空の力線/Leyline of the Void》4枚に加えて,《安らかなる眠り/Rest in Peace》も4枚入手した。《Helm of Obedience》は2枚所有している。

どこかのタイミングでヘルムピース・ヘルムヴォイドコンボデッキを試すのもありだろうとは感じている。

1ターン目に《安らかなる眠り/Rest in Peace》,2ターン目に《Helm of Obedience》で2キルが可能ではある。しかし,多くのマナが必要なため,対クロック・パーミッションが課題となる。コンボに特化するならば,序盤を守り切れるように,《罠の橋/Ensnaring Bridge》や《平和の番人/Peacekeeper》あたりの併用が必要だろうか。

同じ2枚コンボであれば,《丸砥石/Grindstone》のほうが必要なマナが少ないのだが,こちらは《丸砥石/Grindstone》が《虚空の杯/Chalice of the Void》に引っかかるという問題がある。

白単でこれらのコンボを組むのであれば,課題をうまく乗り越える必要があるだろう。

結局,自分の源流は白ウィニーなので,コンボデッキも面白いが,やはりビートダウンのほうが親しみがある。現在メインで使っているエルドラージやリベリオンをもう少し使い込んで,気分転換したくなったら,これらのコンボも組んでみたいと思う。

特に,前回の大会でブリッジ・ヴァイン相手に,《虚空の力線/Leyline of the Void》を《活性の力/Force of Vigor》でいともたやすく対応されてしまい,サイドボードの《虚空の力線/Leyline of the Void》4枚の再検討を迫られている。

リアニメイト:黒赤が1キルをかましてくるため,これに対応するために《虚空の力線/Leyline of the Void》を採用した。ただ,そもそも黒赤リアニメイトにそんなに当たらないという節がある。今まで復帰後2回だけ対戦したことがある。後引きしても問題ない《安らかなる眠り/Rest in Peace》や《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》と差し替えるのもありではないかと感じている。

ドレッジもそうだが,手札やデッキ内リソースを消耗して墓地が溜まっているところを掃除するのが効果的だ。《虚空の力線/Leyline of the Void》は時間稼ぎにはなるが,見てから手札のカードを温存してから対応されるので,サイド後はなんともいえない。もちろん,《安らかなる眠り/Rest in Peace》の場合,先手1ターン目に《陰謀団式療法/Cabal Therapy》で手札破壊されるという懸念はあるのだが。

そういう意味でも,《虚空の力線/Leyline of the Void》4枚といつでも差し替えられるように《安らかなる眠り/Rest in Peace》を4枚揃えられたのはよかった。

結論

《安らかなる眠り/Rest in Peace》を4枚ようやく揃えることができた。

特に,レガシー環境では墓地コンボデッキは常にメタゲーム上一定の存在感を示している。モダンホライゾンの《甦る死滅都市、ホガーク/Hogaak, Arisen Necropolis》のように,新しいエキスパンションでまたいつ墓地コンボが強化されてもおかしくない。

《安らかなる眠り/Rest in Peace》は白使い必携の至高の墓地対策カードだ。今後も末永く使っていきたい。

なお,前回の[投稿](https://mtg.senooken.jp/post/2020/02/18/)で次回の大会参加は2/20 Thu 20:00晴れる屋平日レガシーと予告した。しかし,その後面談時間の変更があり,10:00面談となってしまった。

以前平日14:00の平日レガシーに参加しようとして,参加者が他に誰もおらず,不成立になってしまった。そのため,この日の大会は辞退することにする。近日中に面談がまた入るので,そのタイミングでの大会参加を見計らいたい。

「購入報告: 瞬殺コンボも兼ねる白の至高の墓地対策カード」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です