購入: アグロのための0マナドロー呪文

buy

概要

  • 購入日: 2020-11-24 Tue
  • 購入店: メルカリ
  • 購入品: 《むかしむかし/Once Upon a Time》foil日1日2 1350円
  • URL: https://www.mercari.com/jp/items/m91121958235/

1週間前にメルカリで《むかしむかし/Once Upon a Time》を購入したので報告する。

今回は,期間限定dポイントが1000ポイントほどあり,これの消化目的で購入した。1枚450円程度と比較的手頃で,しかも1枚 (写真中央) はfoilとお手頃だった。

《むかしむかし/Once Upon a Time》は過去に1枚英語版を280円で購入していたので,今回の購入で4枚揃った。

効果

《むかしむかし/Once Upon a Time》

Once Upon a Time / むかしむかし (1)(緑)
インスタント

この呪文があなたがこのゲームで唱えた最初の呪文であるなら、あなたはこれを、これのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。 あなたのライブラリーの一番上からカードを5枚見る。あなたはその中からクリーチャーか土地であるカード1枚を公開してあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。

2マナの緑のインスタントで,クリーチャーと土地限定の《衝動/Impulse》の効果を持つ。ゲーム最初の呪文の場合,0マナでキャストできるという力線サイクルに似た極めて珍しい効果を持っている。

この0マナでキャスト可能という特性から,スタンダード,パイオニア,モダンの主要3フォーマットでは既に禁止されている。そのため,使用可能なのはエターナル構築 (レガシー,ヴィンテージ) と統率者戦くらいになってしまった。

白ウィニー視点としては,参考にしているエルドラージ・ストンピィで採用されていることから注目している。

環境の高速化に伴い,初手の重要性がますます高まってきている。そのため,初動の安定性を高めることができるこのカードは,特に純粋なアグロ系デッキにおいては必須になる可能性が高いと感じている。

特に今メインデッキとして使っているエルドラージ・ホワイトでは,《むかしむかし/Once Upon a Time》により,《魂の洞窟/Cavern of Souls》か《難題の予見者/Thought-Knot Seer》を引き込む確率を高めたいと感じる。

クロックパーミッション相手には,《魂の洞窟/Cavern of Souls》でこちらの主要クリーチャーを確実に通すことが勝敗を大きく左右する。その他,《難題の予見者/Thought-Knot Seer》により相手の脅威を手札破壊することも重要となる。

また,《金属モックス/Chrome Mox》の刻印先にできることも忘れてはならない視点だろう。土地を減らして《むかしむかし/Once Upon a Time》を採用することで,密度の高いデッキを構築できる。

白単としては,初手以外で引いた場合は,《金属モックス/Chrome Mox》の刻印先以外では《水蓮の花びら/Lotus Petal》,《Elvish Spirit Guide》で緑マナをひねり出してキャストすることも考えておいたほうが良いだろう。

結論

アグロデッキのための0マナドロー呪文である《むかしむかし/Once Upon a Time》の購入報告を記した。

《むかしむかし/Once Upon a Time》はエターナル構築でしか使うことができなくなってしまったものの,採用実績の多い強力なカードであることに変わりはない。

個人的には,環境が高速化してきて初手の重要性が高まってきているため,アグロデッキ全体,ひいては白ウィニーでも必須になってくると考えている。

今回の購入で4枚揃えることできてよかった。次回の大会からは早速4枚搭載したい。長く使い込んでいきたい。

コメント

  1. […] 《むかしむかし/Once Upon a Time》 […]

タイトルとURLをコピーしました