デッキ: v7.0.0 エルドラージ・ホワイト/Eldrazi White

概要

ここ1-2年メインとして愛用しているエルドラージ・ホワイトをv7.0.0に更新したのでデッキリストを掲載する。

前日の「はじめてのDiscordマジックでスタンのサイクリングに敗北 | エターナルホワイトマジック/Eternal White Magic」での使用デッキとなる。

前回の大会参加が 2020-03-25となるため,約1年ぶりのデッキ更新となる。

ゼンディカーの夜明けで登場したカードの採用が主な更新内容となる。

デッキ

デッキ名/Deck Name エルドラージ・ホワイト/Eldrazi White
デッキ製作者/Deck Designer    妹尾 賢/SENOO, Ken
バージョン/Version   7.0.0
日付/Date 2021-01-30 Sat

60  メインデッキ/Main Deck
26  土地/Land
06  《平地/Plains》
04  《魂の洞窟/Cavern of Souls》
04  《古えの墳墓/Ancient Tomb》
04  《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
04  《不毛の大地/Wasteland》
04  《爆発域/Blast Zone》

22  クリーチャー/Creature
03  《歩行バリスタ/Walking Ballista》
03  《光輝王の野心家/Luminarch Aspirant》
03  《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
03  《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
04  《スカイクレイブの亡霊/Skyclave Apparition》
02  《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》
04  《難題の予見者/Thought-Knot Seer》

12  その他/Other
04  《虚空の杯/Chalice of the Void》
04  《金属モックス/Chrome Mox》
04  《むかしむかし/Once Upon a Time》

15  サイドボード/Sideboard
04  《虚空の力線/Leyline of the Void》
03  《悔恨する僧侶/Remorseful Cleric》
03  《議会の採決/Council's Judgment》
02  《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
01  《減衰球/Damping Sphere》
01  《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
01  《謙虚/Humility》

変更点

2020年の後半に購入した以下のカードを採用した。新規カードの採用があったので,バージョンを6.2.0から7.0.0にメジャーアップデートした。

  1. 《むかしむかし/Once Upon a Time》
  2. 《スカイクレイブの亡霊/Skyclave Apparition》
  3. 《光輝王の野心家/Luminarch Aspirant》

逆に長年愛用していた《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》を始め以下のカード群を辞退した。

  1. 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
  2. 《殴打頭蓋/Batterskull》
  3. 《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
  4. 《悔恨する僧侶/Remorseful Cleric》
  5. 《護衛募集員/Recruiter of the Guard》
  6. 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
  7. 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》

サイドボードはメインから外した《悔恨する僧侶/Remorseful Cleric》を移動させ,墓地対策を7枚体制にしてて,《議会の採決/Council’s Judgment》を採用するなど,《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature’s Wrath》や《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》への対応カードを増やして受けを広くした。

対応が難しいエルドラージ・ポストなど一部の相手には,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》+《減衰球/Damping Sphere》,《謙虚/Humility》などで対応することにした。

説明

ゼンディカーの夜明けで登場した《光輝王の野心家/Luminarch Aspirant》と《スカイクレイブの亡霊/Skyclave Apparition》の採用が特に大きな変更点となる。

その他,《むかしむかし/Once Upon a Time》を採用して,初動の安定性を向上させた。

感想

土地を削らなかったので,少々マナフラッド気味となる。やはり,《エメリアの呼び声/Emeria’s Call》も採用して,《爆発域/Blast Zone》を減らすなどしたほうがよかったかもしれない。

また,《スカイクレイブの亡霊/Skyclave Apparition》のWWが出しづらかったり,1ターン目に3マナのキャストが難しかった。4枚は多かったので,《光輝王の野心家/Luminarch Aspirant》や《歩行バリスタ/Walking Ballista》を増やしても良いと感じた。

結論

《光輝王の野心家/Luminarch Aspirant》,《スカイクレイブの亡霊/Skyclave Apparition》,《むかしむかし/Once Upon a Time》を採用した新しい形のエルドラージ・ホワイトに更新した。

長年愛用していた《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》パッケージをようやく辞退でき,レガシーの白ウィニーの歴史がまた大きく動いたように思う。

この他には,《エメリアの呼び声/Emeria’s Call》4枚と《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》を追加で2枚ほしいなと思っている。どこかのタイミングで購入して,更新したい。

コメント

  1. […] デッキ: v7.0.0 エルドラージ・ホワイト/Eldrazi White 概要 ここ1-2年メインとして愛用しているエルドラージ・ホワイトをv7.0.0に更新したのでデッキリストを掲載する。 前日の「はじめてのDi […]

タイトルとURLをコピーしました