購入: 新年の購入初めは全てを滅ぼす古のアーティファクト

buy

概要

  • 購入日: 2021-01-01 Fri
  • 購入店: ラクマ
  • 購入品: 《煙突/Smokestack》USG日1枚400円
  • URL: https://item.fril.jp/1c70ba2c2856131eae46cef26e6a175d

元旦に新年1発目の購入として,ラクマで《煙突/Smokestack》を購入した。

ラクマのキャンペーンで,出品と購入をすると100ポイントもらえるキャンペーンがあり,これと期間限定楽天ポイント50の消化を兼ねて購入した。

2018-11-24に1枚300円で購入したっきりの2枚目の購入となった。

効果

《煙突/Smokestack》

Smokestack / 煙突 (4)
アーティファクト
あなたのアップキープの開始時に、あなたは煙突の上にスス(soot)・カウンターを1個置いてもよい。
各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは煙突の上に置かれたスス・カウンター1個につき、パーマネントを1つ生け贄に捧げる。

アーティファクトが強かったウルザズ・サーガで収録されたきりの4マナアーティファクトだ。

毎ターンスス・カウンターを配置でき,各プレイヤーのアップキープの開始時に,スス・カウンターの数だけ生贄を要求する。

同種の効果を持つカードには,《陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minion》や《世界を鎮める者/World Queller》が存在する。

エターナル構築向けのカードで,スタックスというこのカード名を関したアーキタイプが存在する。

特に,白スタックスはレガシーの白コントロールの代表デッキでもあり,前回購入した《ハルマゲドン/Armageddon》とともに,使われることがある。

また,能力として土地を含む戦場の全パーマネントを除去でき,《無のロッド/Null Rod》で止まらないところが,《ネビニラルの円盤/Nevinyrral’s Disk》や《忘却石/Oblivion Stone》と異なる稀有なカードとなっている。題名に付けた「全てを滅ぼす古のアーティファクト」というのはこの効果から名付けた。

《ハルマゲドン/Armageddon》はある程度土地が並んでから打たないと効果が低い。一方,《煙突/Smokestack》はそれと逆である程度序盤に展開しないと処理が追いつかない。なかなか絶妙なカードバランスになっている。

《ハルマゲドン/Armageddon》は《悟りの教示者/Enlightened Tutor》からサーチできないが,《煙突/Smokestack》はサーチできる。ということで,以前は《悟りの教示者/Enlightened Tutor》からサーチ可能な《ハルマゲドン/Armageddon》として購入した。

前回,《ハルマゲドン/Armageddon》を購入して,白スタックス意欲が湧いたので,購入に踏み切った。

今であれば,《太陽冠のヘリオッド/Heliod, Sun-Crowned》や《光輝王の野心家/Luminarch Aspirant》あたりと共に,無限頑強とセットで使うのがありではないかと思っている。

白ウィニーとしては,中盤以降の相手の盛り返しが長年の課題だった。そういう意味で,《煙突/Smokestack》は丁度相手が動き出す直前くらいに展開でき,《ハルマゲドン/Armageddon》と異なり,《大変動/Cataclysm》と同じく不利な状況でもぎりぎり役立つ。そのため,白ウィニーとしても悪くないカードではないかと思った。

ただ,最近は《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》が多いので,これの対策が検討課題となる。

そう考えると,プレインズウォーカーを処理できる《大変動/Cataclysm》は優秀に感じる。

結論

レガシーの代表的な白コントロールである白スタックスの名を関するカードを購入した。

《ハルマゲドン/Armageddon》とともに,使い手のデッキ構築能力が要求される上級者向けカードとなっている。

残り2枚もどこかのタイミングで購入して,白スタックスも組んでみたい。

コメント

  1. […] 購入: 新年の購入初めは全てを滅ぼす古のアーティファクト 2021-01-09 […]

タイトルとURLをコピーしました