デッキ: v5.0.0 デプス・ホワイト/Depth White

概要

前回2019-05-10 Friに使ったきりだった,デプス・ホワイトを久し振りに使ったので,デッキリストを掲載する。

デッキ

デッキ名/Deck Name デプス・ホワイト/Depth White
デッキ製作者/Deck Designer    妹尾 賢/SENOO, Ken
バージョン/Version   5.0.0
日付/Date 2021-02-13 Sat

60  メインデッキ/Main Deck
22  土地/Land
03  《平地/Plains》
03  《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
04  《古えの墳墓/Ancient Tomb》
04  《水晶鉱脈/Crystal Vein》
04  《演劇の舞台/Thespian's Stage》
02  《暗黒の深部/Dark Depths》
01  《不毛の大地/Wasteland》
01  《Glacial Chasm》

08  クリーチャー/Creature
04  《雨ざらしの旅人/Weathered Wayfarer》
03  《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
01  《絵描きの召使い/Painter's Servant》

30  その他/Other
03  《金属モックス/Chrome Mox》
01  《丸砥石/Grindstone》
04  《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
04  《探検の地図/Expedition Map》
04  《むかしむかし/Once Upon a Time》
04  《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
04  《厳粛/Solemnity》
01  《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
01  《ファイレクシアの非生/Phyrexian Unlife》
04  《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》

15  サイドボード/Sideboard
04  《虚空の力線/Leyline of the Void》
03  《悔恨する僧侶/Remorseful Cleric》
01  《減衰球/Damping Sphere》
01  《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
01  《液鋼の塗膜/Liquimetal Coating》
01  《丸砥石/Grindstone》
01  《絵描きの召使い/Painter's Servant》
01  《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
01  《罠の橋/Ensnaring Bridge》
01  《マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice》

変更点

新規カードの採用があったので,バージョンを4.0.0から5.0.0にメジャーアップデートした。

2020年の後半に購入した以下のカードと《丸砥石/Grindstone》コンボの採用が大きな変更点となる。

  1. 《むかしむかし/Once Upon a Time》
  2. 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
  3. 《丸砥石/Grindstone》
  4. 《絵描きの召使い/Painter’s Servant》
  5. 《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》

以前は,《暗黒の深部/Dark Depths》と《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》+《難題の予見者/Thought-Knot Seer》のビートダウンが勝ち筋だった。

ビートダウンにしても,中途半端で遅いと感じたので,《暗黒の深部/Dark Depths》の他に《丸砥石/Grindstone》のコンボを《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》とともに軸に据えた。

《暗黒の深部/Dark Depths》1本で行くには,肝心の《暗黒の深部/Dark Depths》の枚数が不足しているので,別の勝ち筋の併用は当分必要となる。

代わりに,2キルを狙えるように《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》を採用してみた。

メインデッキで《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》を採用したので,サイドボードは定番墓地対策の7枚の他は,《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》からのサーチカードにした。

考察

実際に使ってみたところ,白マナが足りなかったり,うまく《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》やコンボパーツが揃わず,2キル3キルが思っていたより難しかった。

その他,《むかしむかし/Once Upon a Time》が基本的に土地しかサーチできないため,思っていたより使いにくかった。

《金属モックス/Chrome Mox》を使うため,やはり《エメリアの呼び声/Emeria’s Call》が欲しく感じた。その他,《丸砥石/Grindstone》コンボのパーツをメインにもう少し多く採用してもよいように感じた。

デプス・ホワイトでは《暗黒の深部/Dark Depths》のサーチに,《雨ざらしの旅人/Weathered Wayfarer》と《探検の地図/Expedition Map》を使うため,《虚空の杯/Chalice of the Void》を併用できないのが若干気になる。

結論

デプス・ホワイトのデッキリストを更新した。

《厳粛/Solemnity》を用いた《暗黒の深部/Dark Depths》デッキは,大会での実績はまだまだ少ないが,可能性を感じるデッキだ。

必要パーツを集めながら,検討を進めたい。

コメント

  1. […] 2枚コンボで最小限のスロットで組みやすいことから,先日掲載したデプス・ホワイトで採用していた。 […]

  2. […] 現在のデプス・ホワイトでは,スロットが足りないため,ペインターコンボと併用している。デプス1本にする場合,このカードの採用が必要に感じる。 […]

タイトルとURLをコピーしました