購入: ライブラリーを消し飛ばす古のバレンタインプレゼント

buy

概要

  • 購入日: 2021-02-14 Sun
  • 購入店: ラクマ
  • 購入品: TMP日1枚1000円《丸砥石/Grindstone》
  • URL: https://item.fril.jp/3ecf26fc962c9e366d17c041319236ef

2/14のバレンタインプレゼント (こじつけ) に《丸砥石/Grindstone》を購入した。

今月期限の楽天ポイントが800ポイントほどあり,また週末限定の5 %還元のキャンペーンがあったので,このタイミングで購入した。

2019-04-25に英2枚1180円で購入したっきりで,3枚目の購入となった。

効果

《丸砥石/Grindstone》

Grindstone / 丸砥石 (1)
アーティファクト
(3),(T):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを2枚切削する。これにより共通する色1色を持つ2枚のカードが切削されたなら、この過程を繰り返す。

テンペストに収録され,Kaladesh Inventionsでだけ再録されたカードとなっている。

1マナのアーティファクトで,3マナタップでライブラリーを2枚切削する。

エターナル構築では,《絵描きの召使い/Painter’s Servant》と2枚コンボ (ペインターコンボ) を形成するのが有名だ。初期のレガシーから存在する,アーティファクト2枚の瞬殺コンボとなっている。

アーティファクトだけの2枚瞬殺コンボは,組みやすくてかなり使い勝手のいいコンボとなっている。

ただ,これらのキーカードのサーチ手段の都合,白,青,赤の単色デッキで組まれることが多い。この中では,赤が一番活躍しているように感じる。

2枚コンボで最小限のスロットで組みやすいことから,先日掲載したデプス・ホワイトで採用していた。

使った感じは悪くなかったのだが,手持ちの枚数がそれぞれ2枚ずつしかなく,揃えるのが少々難しかった。そこで買い増しした。

《丸砥石/Grindstone》はだいたい500円-1500円くらいの価格レンジで推移しており,購入して無駄がないため,今回の購入に踏み切った。

なお,《絵描きの召使い/Painter’s Servant》は《丸砥石/Grindstone》よりも最近のカードであるにもかかわらず,1-2年前まで1枚1000円台前半だったのが,今は3000-4000円と高騰している。

おそらく,《丸砥石/Grindstone》はKaladesh Inventionsで限定イラストが登場したので,そこでグレードが分離されたのだと思われる。こちらは引き続き購入の機会を探りたい。

結論

レガシーの初期から存在するお手頃2枚瞬殺コンボを形成する《丸砥石/Grindstone》を購入した。

アーティファクトだけのお手頃2枚瞬殺コンボであり,ヴィンテージでも通用するコンボとなっている。個人的に,瞬殺コンボの入門としてうってつけのコンボと感じる。

4枚保有していて損のないカードなので,残り1枚も購入タイミングを探っていきたい。

コメント

  1. […] 購入: ライブラリーを消し飛ばす古のバレンタインプレゼント 2021-02-19 […]

タイトルとURLをコピーしました