大会報告: 2019-12-23 Mon 19:15 MINT 横浜店 カジュアルレガシー | 手持ちありったけの《虚空の杯/Chalice of the Void》入りリベリオンでNic Fitと緑トロンに返り討ちにあい,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》の必要性を再認識

概要

  • イベント名: カジュアルレガシー
  • URL: https://mintyokohamamtg.diarynote.jp/201912211810356711/
  • 主催者: MINT 横浜店
  • 開催地: 〒220-8577神奈川県横浜市西区南幸2-15-13 横浜ビブレ8階
  • 開催日時: 2019-12-23 Mon 19:15
  • 結果: 0-1-1
  • 1R xo-: Nic Fit/レクター型
  • 2R xox: 緑トロン

前回の大会報告で予告した通り,今月で新横浜での仕事が終わるため,横浜での大会開催店舗での参加納めとして,MINT 横浜店のレガシー大会に参加した。

MINT 横浜店は新横浜での勤務開始日である2019-01-07 Monでの新年初回の大会参加でもあり,感慨深い。結局,アクセスが微妙なのもあり,前回と今回の2回の参加となった。

参加者4人のぎりぎりの開催であり,参加費200円だが商品は一切なく,閉店時間が21:00である都合2回戦が上限ということで,MTGの大会としてはいまいちな大会だった。

晴れる屋横浜店がこれから毎日営業し,そちらの平日大会では最低商品券100円がもらえることを考えると,参加者としてはいまいちに感じた。

デッキ

前回の大会報告で書いた通り,今の環境は《虚空の杯/Chalice of the Void》が重要なことが判明したため,手持ちの《虚空の杯/Chalice of the Void》をありったけ詰め込んだ装備リベリオンで可能性を探りに行った。

デッキ名/Deck Name 装備リベリオン/Equipped Rebellion
デッキ製作者/Deck Designer    妹尾 賢/SENOO, Ken
バージョン/Version   6.0.0
日付/Date 2019-12-23 Mon

60  メインデッキ/Main Deck
24  土地/Land
08  《平地/Plains》
04  《古えの墳墓/Ancient Tomb》
04  《不毛の大地/Wasteland》
02  《無声開拓地/Silent Clearing》
04  《爆発域/Blast Zone》
02  《ガイアー岬の療養所/Geier Reach Sanitarium》

22  クリーチャー/Creature
01  《レイモス教の兵長/Ramosian Sergeant》
03  《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》
04  《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
04  《レイモス教の副長/Ramosian Lieutenant》
02  《果敢な隼/Defiant Falcon》
03  《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
02  《果敢な勇士リン・シヴィー/Lin Sivvi, Defiant Hero》
02  《鏡の精体/Mirror Entity》
01  《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》

14  その他/Other
02  《虚空の杯/Chalice of the Void》
04  《金属モックス/Chrome Mox》
04  《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
02  《静寂の捕縛/Bound in Silence》
01  《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
01  《殴打頭蓋/Batterskull》

15  サイドボード/Sideboard
04  《外科的摘出/Surgical Extraction》
04  《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
02  《呪われた巻物/Cursed Scroll》
03  《議会の採決/Council's Judgment》
01  《夜風の滑空者/Nightwind Glider》
01  《熱風の滑空者/Thermal Glider》

変更点は以下の通りだ。

060    メインデッキ/Main Deck
-02 《無声開拓地/Silent Clearing》
+02 《爆発域/Blast Zone》
+02 《ガイアー岬の療養所/Geier Reach Sanitarium》

-03 《レイモス教の兵長/Ramosian Sergeant》 -04 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》 +03 《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》 -01 《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》 +01 《果敢な隼/Defiant Falcon》 -01 《熱風の滑空者/Thermal Glider》 +01 《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》

+02 《虚空の杯/Chalice of the Void》 -04 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》 +04 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》

015 サイドボード/Sideboard -01 《呪われた巻物/Cursed Scroll》 +01 《議会の採決/Council's Judgment》 -01 《忘却の輪/Oblivion Ring》 +01 《熱風の滑空者/Thermal Glider》

要点をまとめると以下となる。

  • 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》+《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》の辞退
  • 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》+《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》の採用
  • 《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》+《ガイアー岬の療養所/Geier Reach Sanitarium》の採用
  • 《爆発域/Blast Zone》の増量

前回の大会参加報告で書いた通り,《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》と《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》があまり効果がないと感じたため,これらを辞退し,代わりに手持ちありったけの《虚空の杯/Chalice of the Void》を投入した。

もっとも,《虚空の杯/Chalice of the Void》は2枚しか手持ちがないため,《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》1枚と《悟りの教示者/Enlightened Tutor》4枚でかさ増しした。《金属モックス/Chrome Mox》や《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》を採用したこのデッキでは,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》はアドバンテージの損失が大きいのだが,《虚空の杯/Chalice of the Void》の残り2枚と《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》の追加を入手できるまでは代用でいこうと思う。

その他,前回の大会だけでは感触がわからなかった《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》+《ガイアー岬の療養所/Geier Reach Sanitarium》は,装備リベリオンでも引き続き試すことにした。

そして,個人的にいいかなと思ったのが《爆発域/Blast Zone》の増量だ。当初は《石とぐろの海蛇/Stonecoil Serpent》を試そうかと思っていたのだが,前回の大会でデルバー/URの《戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanist》にやられたので,こいつへの対策とマナベースの安定化に《爆発域/Blast Zone》を2枚から4枚に増加させた。

試合

1R xo-: Nic Fit/レクター型

たまに対戦するNic Fit/レクター型だった。

1Gは2マナのエンチャントでクリーチャーを生贄に捧げて,ライブラリートップからクリーチャーがめくれるまでめくって手札に加えるカードで《アカデミーの学長/Academy Rector》を墓地に落とされ,そこから《鳩散らし/Dovescape》→《圧倒的輝き/Overwhelming Splendor》→《天上の赦免/Ethereal Absolution》で盤面を制圧されて負ける。

2Gはうまいこと《アカデミーの学長/Academy Rector》に《外科的摘出/Surgical Extraction》を合わせて後はリベリオンの通常の動きで勝利した。が,これは相手のミスに助けられた試合だった。《虚空の杯/Chalice of the Void》を出していたので,そのままだと手札の《外科的摘出/Surgical Extraction》を使えなかった。《破滅的な行為/Pernicious Deed》で《虚空の杯/Chalice of the Void》ごと《アカデミーの学長/Academy Rector》を除去してくれたおかげでどうになかった。

3Gは時間切れで引き分けた。が盤面はこちらが不利だったのでほぼ負けだった。

《虚空の杯/Chalice of the Void》を採用する都合,墓地対策に《外科的摘出/Surgical Extraction》はまずいように感じてしまった。ここは練り直す必要がありそうだ。

サイドから採用した《議会の採決/Council’s Judgment》が要所要所で活躍してくれてよかった。《忘却の輪/Oblivion Ring》なら《破滅的な行為/Pernicious Deed》や《突然の衰微/Abrupt Decay》で対応されて致命的になっていた。購入してよかった。

2R xox: 緑ポスト

モダンで猛威を奮っていた緑トロンだった。ただしこちらはウルザランドではなく《雲上の座/Cloudpost》を採用していた。

1Gは緑トロンの通常の動きで《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》を出されて負ける。

2Gは《不毛の大地/Wasteland》2枚で相手の《雲上の座/Cloudpost》を破壊しながら,《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》+《殴打頭蓋/Batterskull》で殴りきれた。

3Gは相手《真髄の針/Pithing Needle》で《不毛の大地/Wasteland》をきっちりガードされ,順調にマナを伸ばされて《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》や《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》などを展開されて負けた。

エルドラージ・ポストには当たらないだろうと対策をしなかったつけが回ってきたようだった。

結果

結果は0-1-1だったが,実質的にまたもや全敗だった。

今回はあまり想定していなかったNic Fitとポスト系デッキが相手だった。特に,《虚空の杯/Chalice of the Void》と《外科的摘出/Surgical Extraction》は相性が悪いことをすっかり忘れていた。赤単プリズンで《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》を採用していた理由がわかった。

そして,懸念していたポスト系デッキにやはり当たってしまった。この手の相手は《不毛の大地/Wasteland》ではめるしかなく,対策が必要だ。

こうした少しトップメタから外れた相手とも戦えるように,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》はやはり必要に感じた。今回はただの《虚空の杯/Chalice of the Void》のかさ増しにしか考えていなかったが,《虚空の杯/Chalice of the Void》が効きにくい相手用にサイドボードに《減衰球/Damping Sphere》などの特定の相手に必要なカードを採用できた。

そして,《レンと六番/Wrenn and Six》が消えたことで《不毛の大地/Wasteland》嵌めで身を潜めていたポスト系デッキはやはりいる。土地嵌めで勝てるように,《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》をメインデッキかサイドボードにあってもいいように感じた。

以前は《漸増爆弾/Ratchet Bomb》+《埋没した廃墟/Buried Ruin》+《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》による《漸増爆弾/Ratchet Bomb》ループを実現していたが,今なら《爆発域/Blast Zone》+《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》のお手軽2枚でコンボを決めれて,《不毛の大地/Wasteland》が効きにくいフェアデッキ相手にも悪くない

今回の当たりでは《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》がいまいちだった。

また負けてしまったが,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》の強さと必要性を再認識できたのはとても良かった。

サイドボードの墓地対策のスロットと,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》のサーチ先を検討して,次につなげていきたい。

今月の残りの大会参加予定は以下となる。今回の敗北にめげずに改良を施して挑戦していきたい。

  • 12/25 Wed 19:00 信心亭レガシー
  • 12/28 Sat 14:00 晴れる屋TC休日レガシー

「大会報告: 2019-12-23 Mon 19:15 MINT 横浜店 カジュアルレガシー | 手持ちありったけの《虚空の杯/Chalice of the Void》入りリベリオンでNic Fitと緑トロンに返り討ちにあい,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》の必要性を再認識」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です